ANA希望退職者の退職金は?年収3割減っていくらくらい?

ANA,希望退職者,退職金,年収3割減

新型コロナウイルスの影響でめっきり利用者の減った空の便。

各航空会社は大打撃を喰らっています。

そんな中大手航空会社のANAが、ついに希望退職者を募っているようです。

ANA希望退職者の退職金は?年収3割減っていくらくらい?

まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

ANA希望退職者のニュースとは?

コロナの影響で大幅な赤字が続く大手航空会社。

このためANAは支出削減策として、およそ1万5000人の従業員の給与を減額+冬の一時金を支給しない方針を固めました。

すでに夏の一時金も減額されているので、年収で平均およそ3割の減額になる見込みのようです。

さらに、希望退職者には退職金の割り増しにするほか、キャリアアップに使う最大2年の無給の休業制度を新たに設けるとしているようです。

スポンサーリンク

ANA希望退職者の退職金は?

ANA希望退職者の退職金は現在『割り増し』というだけで、はっきりとはわかっていません。

ちなみに最近希望退職者を募集したレオパレスの希望退職者の退職金は基本の退職金300+特別加算金でした。

ちなみに2019年発表のレオパレス21の平均年収は557万9407円だったようなので、退職金は年収よりは低そうですよね。

ANAも割増されるとのことなのですがANAの平均年収は737万円…。

ANAの希望退職者の退職金は一体いくらになるんでしょうか?

ANAの年収3割減っていくらくらい?

ANAの平均年収は737万円だそうです。

かなりいいお給料ですよね!

そこから3割減でも515万円?

そんなの本当に辞める人いなさそうですが、どうなんでしょうね?

一般庶民からしてみたら、そんなの絶対辞めたくないですが…。

そのお給料に慣れた人からしてみたらやってられるかとか思うんでしょうね…。

ANA希望退職者の退職金は?年収3割減っていくらくらい?まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ANA✈️(@ana.japan)がシェアした投稿

  • ANAがコロナの影響で希望退職者を募集
  • 希望退職者の退職金は現在不明
  • レオパレスの希望退職者の退職金は300万+特別加算金
  • ANAの平均年収は3割減でも515万円

 

コロナの影響本当いつ終わるんだろう…。

大手の会社がこうなっていくのを見るのは辛いものがありますよね…。

早く元の世界に戻って欲しいけどしばらくは無理なんだろうね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください