コストコのクリスマスシュトーレン2019年の情報は?シュトーレンってそんなに美味しいの?

コストコ クリスマス シュトレーン 2019

そろそろクリスマスが近づいてきましたね。

クリスマスにはコストコにもたくさんのオススメのスイーツがあります。

今回はその中でもクリスマスの定番中の定番。

コストコシュトーレンの検証をしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

コストコのクリスマス2019!定番品シュトーレンとは?

『OEBEL Butter Marzipanstollen』

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

名称:菓子
原材料名:レーズン、小麦粉、バター、砂糖、アーモンド、オレンジピール、レモンピール、バターファット、酵母、ぶどう糖、転化糖、ヘーゼルナッツ、食塩、全卵粉、小麦でんぷん、植物油、香辛料、安定剤(ソルビトール)、香料、乳化剤、増粘剤(グァーガム)

内容量:1kg

サイズ:長さ27cm☓太さ12cm☓高さ6cm

賞味期限:購入日より2ヶ月半先まで

保存方法:直射日光や高温多湿を避け、17〜19℃の冷所保存

カロリー:3880cal

価格:1,080円(税込)

シュトーレンとは、ドイツでクリスマスを待つアヴェントと呼ばれるイエス・キリストの降誕を待つ期間に食べるドライフルーツやナッツを練り込んだ、パウンドケーキみたいなドイツの伝統菓子です。

ドイツやオランダではクリスマスまでの間にスライスしたものを少しづつ食べる風習があります。

フルーツの風味が日ごとにパンへ移っていくので、毎日変わっていく風味を楽しみながらクリスマスを待つのだそうです。

なんだかワクワクする楽しい食べ方ですよね。

コストコで販売しているシュトーレンはオーベルというドイツにあるシュトーレン専門店の商品を輸入しているようです。

クリスマスの定番のシュートレンですが、コストコでは置いてない年もあったようですね。

シュトーレンはクリスマス前に食べる菓子パンですが、コストコでは毎年販売しているわけではないようですね。

オーベルのシュトーレンはカルディ等の輸入食品店でも購入できますが、コストコで販売されているものに比べると小さいサイズのもののようです。

溶かしバターを浸透させ、砂糖でコーティングして作られているので普通のパンよりも手間暇がかかっています。

日が経って熟成され、しっとりした方がおいしいので、毎日薄くスライスして少しずつ食べるのが一般的なんだそうです。

コストコのクリスマスシュトーレン2019!香りはどんな感じ?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

袋から出した瞬間、ラム酒の香りが広がります。

独特の洋酒の香り、日本のお菓子ではなく外国のお菓子感満載です。

食べている時は、ラム酒とバターとドライフルーツの香りがミックスされ、とてもゴージャスな感覚です。

洋酒の香りってなんだかリッチな気分にさせてくれますよね!

コストコのクリスマスシュトーレン2019!サイズ感とカロリーは?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

コストコには1kgサイズ以外ありませんが、本場ドイツでは色々なサイズがあるようです。

日本のシュトーレンは750gを超えると大型の部類になるらしいですが、コストコのシュトーレンはそれをゆうに越えて重量1kg!

流石コストコって感じですよね。

値段も通常のシュトーレンは750gで3,000円~5,000円ですがコストコのシュトーレンは税込で1,080円!

長さ27cm☓太さ12cm☓高さ6cmの内容量1kgの巨大なシュトーレンがここまでお買い得とは・・・。

実際結構誤差があるようで、「実際に量ると1045gあった」との報告がチラホラ。

コストコ様、随分と太っ腹です(笑)

だがしかし、カロリーは3880calもあります。

本当に怖いです(笑)

コストコのクリスマス2019!シュトーレンはどんな食感がするの?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

しっかり目の重量感たっぷりの生地があまり「パン」という印象を与えません。

バターの風味がしっとりとした食感を感じさせますが、コストコのシュトーレンは通常のより少しパサパサしていますね。

フルーツやスパイス、ラム酒、バター液に浸して少し乾燥させた感じの食感です。

 

スポンサーリンク

コストコのクリスマスシュトーレン2019!シュトーレンの肝心のお味は?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

甘めのレーズンに甘さ控え目の生地です。

ナッツを少なめにすることで乾燥を防ぎ、しっとり感が増すらしいので、コストコのシュトーレンはそこを計算して作られているのかもしれません。

レーズンが多いのでオレンジピール、ナッツの味は座を完全に奪われています(笑)

マジパンの部分はフルーティーで白あんぽい味がします。

ラム酒の香りがしますが、全体的にはそこまで洋酒の風味は強くないのでお子様でもイケる味になっていますね!

時間の経過と共にドライフルーツの風味が生地に移っていくとの事でしたが、コストコのシュトーレンはレーズン多過ぎてもう最初からレーズンレーズンしてます(笑)

しかし、砂糖のコーティングを少なめにして生地の美味しさを際立たせているところや、ナッツを少なめにしているとこなど、限りなく本場のシュトーレンに近い味に仕上がっています!

コストコのクリスマスシュトーレン2019!どんな材料で作られているの?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

なんかもう一言で言うと「レーズン」です(笑)

オレンジピール、レモンピール、ナッツも入ってはいるものの取り敢えずレーズン一色です(笑)

衝撃の事実として、なんと小麦粉の割合よりもレーズンの量が多いんですよ。

それはもうシュトーレンと言うよりレーズンと言ってもいいんじゃないかと思ってしまいますが・・・(笑)

あと「マジパンローマッセ」という白あんの塊のようなものも入っています。

ア-モンドと砂糖と洋酒で作ったペースト状のもちもちしたものです。

まぁそれも少しでほぼレーズンと思っていただけたらいいかと思います(笑)

コストコのクリスマスシュトーレン2019!切り方や保存方法は?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

本来はまずは真ん中を切り、食べる分だけ両側から薄くスライスして食べるそうです。

食べる時に食べる分だけ切っていく感じですね。

保存する時は乾燥しないように切った断面をあわせ、ラップでくるみましょう。

やはり菓子パンとは言ってもパンなので、パン切り包丁で切ると切りやすいです。

しっかりラップで包んでおいた方が乾燥を防げるし、熟成も進みやすいようです。

また、冷凍保存もできます。

冷凍した場合は、そのまま自然解凍するかレンジで軽く温めるといいですよ。

コストコのクリスマスシュトーレン2019は販売しているの?

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

2019年のコストコのクリスマスシュトーレンは、4種類アソートタイプの小さいものしか販売していないそうです。

こちらのシュトーレンはクーヘンマイスターから販売されているものになりますね!

大きいシュトーレンを食べ慣れている人には少し物足りないかもしれませんが、ドイツ製のシュトーレンなので本場の味が楽しめますよ!

コストコのクリスマスシュトーレン2019!まとめ

コストコ クリスマス シュトーレン 2019

少しずつ少しずつクリスマスを待ちながら食べるお菓子ということで、賞味期限もそれを計算して長めに設定してあるコストコのクリスマスシュトーレン。

しかし、美味し過ぎてクリスマスまでに2本3本なくなってしまうという人も珍しくないみたいですね!

ホイップクリームやクリームチーズ、サワークリームなどをつけて食べるという情報もありますし、ドイツの伝統的なお菓子が日本で新しい食べ方をされているのも面白いですよね。

レーズンが嫌いな方でもこのシュトーレンだけは食べられるという人も多いみたいですよ!

この重量感たっぷりのシュトーレンがコストコでは税込1080円で買えるとなると絶対買いだと思います。

本場ドイツの伝統の味をコストコのクリスマス2019はシュトーレンで味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事:「コストコのクリスマスパーティー2019!コストコでクリスマスを充実させる秘訣とは?」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です