【飛騨】スーパーカミオカンデの場所は?見学できるの?ブラタモリで紹介!

飛騨,スーパーカミオカンデ,場所,見学,ブラタモリ

11月14日のブラタモリでは~アゲアゲの飛騨!そのヒミツは?~ということで飛騨が登場しました。

その中で紹介されたスーパーカミオカンデが気になった人も多いのではないでしょうか?

今回はスーパーカミオカンデの場所や見学についてなどをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

【飛騨】スーパーカミオカンデとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

souzirou(@souzirou.k)がシェアした投稿

スーパーカミオカンデとは、岐阜県飛騨市神岡町旧神岡鉱山内に設置された、東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置である。Super-K と略されることもある。

引用元:Wikipedia

【飛騨】スーパーカミオカンデの場所は?

所在地
〒506-1205
岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

スポンサーリンク

【飛騨】スーパーカミオカンデを見学したい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊藤 純一(@jun1.110)がシェアした投稿

スーパーカミオカンデを知ったら見学してみたい!と思ってしまいますよね。

2016年からスーパーカミオカンデは毎年秋に一般公開されていたので見学することができました。

料金は3500円で見学人数は300人が参加できました。

スーパーカミオカンデ検出器の内部は見学できませんが、普段見れないスーパーカミオカンデを間近で見学できるチャンスが一年に一回はあったのです。

しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために一般公開は見送りになってしまったようです。

なので今年は見学はできないようですね。

非常に残念ですが仕方ありません。

コロナが落ち着くまでは、スーパーカミオカンデの見学はできないかと思います。

また、新しく情報が入り次第、追記していきたいと思います!

【飛騨】スーパーカミオカンデの場所は?見学できるの?ブラタモリで紹介!まとめ

飛騨,スーパーカミオカンデ,場所,見学,ブラタモリ
  • スーパーカミオカンデは岐阜県飛騨市神岡町旧神岡鉱山内に設置された、東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置
  • スーパーカミオカンデの場所は岐阜県飛騨市神岡町東茂住456
  • スーパーカミオカンデは一般公開されているが2020年の一般公開はコロナの影響で見送り

 

ブラタモリを見て行ってみたいと思った人も多いかと思います。しかし、今年の一般公開は見送りということで本当に残念ですよね。

コロナが落ち着いたらぜひ、飛騨にスーパーカミオカンデの見学に行って見てくださいね!