高谷敏雄(マイケルジャクソン専属シェフ)の経歴やwiki風プロフィールは?お店の場所も紹介!

2021年5月31日放送の「激レアさんを連れてきた。」には、「全くマイケルジャクソンに興味がないのに嫌々専属シェフをやったら、マイケルにどハマりしちゃった人」として、高谷敏雄さんが登場しました。

マイケルの専属シェフだなんてすごい!

マイケルの大ファンの筆者からしてみれば、こんな羨ましいことはないのですが、このマイケルの専属シェフ高谷敏雄さんは一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

今回は、マイケルジャクソンの専属シェフ高谷敏雄さんの経歴やwiki風プロフィールについて紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

高谷敏雄(マイケルジャクソン専属シェフ)のwiki風プロフィール

出典:https://courrier.jp/info/171413/

名前 高谷敏雄(たかや としお)
生年月日 1949年生まれ
年齢 72歳
出身地 東京都大田区

スポンサーリンク

高谷敏雄(マイケルジャクソン専属シェフ)の経歴は?

当時は全くマイケルジャクソンについて知らなかった高谷敏雄シェフ。

ひょんなことから、1987年のマイケルジャクソンのBADツアー日本公演の間、マイケルジャクソンの専属シェフを務めることにました。

マイケルジャクソンの専属シェフを務めることになったきっかけは、マイケルジャクソンの日本人コーディネーターを務めていた坂崎ニーナ真由美さん。

勤めていた軽井沢のお店の上司に呼ばれて行った先には彼女がいたそうです。

話によると、マイケルが来日するやいなや、同行してきたアメリカ人女性シェフが大事な公演前のマイケルに風邪を移し、クビになってしまったんだとか。

なので、日本公演の間マイケルの専属シェフをしてほしいと坂崎さんに頼まれたそうです。

「嫌だなー」と思っていた高谷敏雄さんですが、上司の手前もあり引き受けたそうです。

「演歌歌手なら良かったのになぁ」と思っていた高谷敏雄さんは、面接でわざと不採用になるように質問に回答していたそうですよ(笑)

日本公演の間のマイケルの食事はすべて高谷敏雄さんが任されました。

主食は豆で、簡単に一口で食べられるものしか食べなかったベジタリアンのマイケルジャクソンの食事は色々と大変。

肉やカレーやパスタなんかは食べれません。

食事にはほとんど手を付けず、ビタミン剤などが部屋にずらりと並んでいたそうです。

前のシェフは、マイケルの偏食ぶりに嫌気が差して好物だというスイカをただ切って出すだけだったりしたそうです。

しかし、高谷敏雄さんは体重も45kgくらいしかない食の細いマイケルジャクソンさんの体を考え、日本の医師にも栄養相談をしてかなり試行錯誤したそうです。

好みをさぐるため、300種類以上のレシピを試していくうちにマイケルジャクソンが豆腐が好きなことを発見!

そんな高谷敏雄さんがが考案した豆腐ハンバーグは、マイケル・ジャクソンに愛された幻の料理として有名になりました。

豆腐ハンバーグは、どんな料理も一口しか食べなかったマイケル・ジャクソンが毎日食べ続けるほどお気に入りメニューだったそうですよ!

高谷敏雄さんの豆腐ハンバーグレシピ

【パテ材料】
・玉ねぎ 50g
・水を切った木綿豆腐 180g
・茹でた大豆 150g
・大和イモ(レンジで温めておく) 20g
・卵黄 1個
・パン粉 30g
・赤みそ 大さじ1と1/2(なければ普通の味噌でOK)
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1/2

【パテ作り方】
1、茹でた大豆をすり鉢で荒くすり潰す
2、みじん切りにした玉ねぎと1を炒めて水分を飛ばす
3、2に水切りした豆腐、大和イモ、パン粉、赤みそ、調味料を混ぜる
4、パテを成形して両面をフライパンで焼く

【ソース材料】
・舞茸・しめじ 各50g
・だし汁 100cc
・しょうゆ・酒 各大さじ1
・砂糖 大さじ1/2
・水溶き片栗粉 大さじ1

【ソース作り方】
1、舞茸としめじをだし汁で煮込む
2、調味料を加える
3、水溶き片栗粉でとろみをつける
4、焼いたパテにかけてお好みでほうれん草、人参、大根おろしを添える

マイケルジャクソンと同じ味が食べたい方はぜひとも作ってみてくださいね!

ちなみに高谷敏雄さんは専属シェフの枠を超えて、公演中はステージの脇でスペシャルドリンクを手渡したりなど、マネージャーのようなこともしていたそうです。

マイケルの体のことを考えて一生懸命料理を作った結果なんでしょうね!

そんな高谷敏雄さんは、マイケルジャクソンが来日したときに訪れた児童養護施設で行われたチャリティプロジェクトにも参加していました、

このプロジェクトは、施設のホールを建て替えるためにマイケルジャクソンが食べた料理を提供して、そのエピソードトークを行うといったものでした。

これはファンにはたまらないですよね!

高谷敏雄(マイケルジャクソン専属シェフ)のお店の場所はどこ?

高谷敏雄さんが、マイケルジャクソンの専属シェフになる前に勤めていたレストランは旧軽井沢 ホテル音羽ノ森内のフレンチレストランです。

名称 旧軽井沢 ホテル音羽ノ森
所在地 〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1323-980
高谷敏雄さんは、日本ツアーを終えた後、海外のツアーにも専属シェフとして同行してほしいと頼まれたそうです。
 
しかし、海外では食材調達が大変!
 
さらに、万が一前のシェフのように突然解雇された場合、自費で帰国しなければならない。
 
悩んだ挙げ句、高谷敏雄さんは海外ツアーの同行はお断りしたそうです。
 
海外のツアーの動向まで頼まれるなんて、よっぽどマイケルに気に入られていたんですね!
 

その後、高谷敏雄さんは茨城県牛久市レストランを経営されていました。

現在は子供たちに給食を作ったり、雑誌の取材やチャリティイベントトークショーなどをの活動を行っています。

2018年5月 児童養護施設「星美ホーム」サローネ再建チャリティイベント
2019年8月 MJ食堂 (講談社 クーリエジャポン編集部主催)

ちなみに当時マイケルジャクソンが食べた料理は、葉山ホテル音羽ノ森レストラン潮幸で提供されていたことがあるそうです。

今でもマイケルジャクソンが来訪したときの写真が飾られているそうですよ♪

住所 240-0105 神奈川県横須賀市秋谷5596-1
電話番号 046-857-0108
ドレスコード クロックスを含むビーチサンダル不可
※未就学児の入店はできません

スポンサーリンク

高谷敏雄(マイケルジャクソン専属シェフ)の経歴やwiki風プロフィールは?お店の場所も紹介!まとめ

高谷敏雄,マイケルジャクソン専属シェフ,経歴,wiki,プロフィール,お店の場所
  • 高谷敏雄さんは東京都出身1949年生まれマイケルジャクソンの専属シェフ
  • 高谷敏雄さんの経歴は上司に呼び出されてマイケルの日本公演中の専属シェフになった
  • マイケルのお気に入りは高谷敏雄さんの豆腐ハンバーグ
  • 高谷敏雄さんが勤めていたレストランは旧軽井沢 ホテル音羽ノ森内のフレンチレストラン
  • 当時マイケルジャクソンが食べた料理は葉山ホテル音羽ノ森レストラン潮幸で提供されていたことがある

 

マイケルの体のことを考えて色々と料理を考案しただなんて、とても心温まるエピソードですよね!

高谷敏雄さんが考案した生前のマイケルのお気に入りの豆腐ハンバーグも、ぜひ作ってみてくださいね!

>>マイケル・ジャクソン ザ・コレクション CD5枚組 DYCP-1591 マイケルジャクソン ロック ポップス 通販限定【送料無料】