ひな人形には不思議な話が多い?背筋が凍る話特集!

雛人形,不思議な話

3月3日は「桃の節句」

いわゆるひな祭りですね。

日本では一年に一回、多くは女の子のいる家庭でひな人形を飾る風習があります。

今回はそんなひな人形の不思議な話をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ひな人形の歴史とは?

雛人形,不思議な話

「ひな祭り」がいつから始まったのかはたくさんの説があり、はっきりとは解明されていません。

縄文時代の土偶や古墳時代の埴輪、人形は昔から信仰の対象物で疫病を払ったり災厄の身代りを願う宗教的、神事的なものでした。

それがいつの間にか着飾って遊ぶものに変化したと言われています。

平安時代の京都ではすでに平安貴族の「遊びごと」として「ひいな遊び」が広まっていた記録が見られます。

当時はお人形も、それを遊ばせる御殿も紙で作られていたそうです。

その後、紙でつくった人形を川に流す「流しびな」などの存在もあり、「災厄よけ」「守りびな」としても再度認識され、祀られるようになりました。

安土桃山時代には「ひな祭り」として3月3日の桃の節句に行われるようになりました。

江戸時代の始め頃には立った状態のひな人形が主流でしたが、「座りびな」に変わっていきます。

徐々に人形の作りは精巧になっていき、着物も十二単の装束のものが登場し、江戸時代も後半になると、現在のひな人形に近い古今雛(こきんびな)が登場します。

その後、五人囃子、官女や随身、仕丁の添え人形、嫁入り道具なども増えていき、庶民の間でもひな祭りが行われるようになりました。

明治時代には権力の誇示にひな人形が使われ、どんどんと派手になり、大正時代には一式揃えで売られるようになりました。

派手なおひな様の流行が下火になると、小型なものなどが流行しました。

昭和時代は御殿飾りや七段飾りなど再び豪華なお飾りも流行りましたが、平成になると住宅事情なども影響し、小さめのおひな様が流行しました。

古い歴史があるひな人形ですが、時代の背景によってこんなにも流行があるなんて興味深いですよね。

スポンサーリンク

ひな人形の不思議な話

雛人形,不思議な話

不思議な話その①「ひな壇に歩いて帰るひな人形」

私の父の実家は兵庫の山奥の古い家で、厠は外にありました。

その日は3月3日雛祭り。

当時10才位の父が夜ご飯をみんなで食べた後、外の厠に向かいました。

その途中ふと畳の部屋を覗いた父。

その部屋は襖を常開にして、部屋二つ分の広さがあり、一番の奥には仏壇がありました。

そして、その右隣にひな壇がありました。

父はその時、
滑るように歩いてひな壇へ帰る、ひな人形をみたそうです。

不思議な話その②「ひな人形のコスプレの呪い?」

俺が働いていた季節行事が盛んな老人ホームでの事。

ひな祭りで最高齢のお年寄りに御内裏様とおひな様のコスプレをさせて、みんなで歌うたったり踊りおどったりしたことがある。

その利用者はその年に亡くなった。

最高齢だったので誰も気にもしなかったが、その後の二年間もコスプレをした最高齢の利用者が立て続けに亡くなったんだ。

そんな事があったんで、その次の年には「今度は元気な利用者にコスプレして貰おう」という話になった。

その年のひな祭りはしっかりした元気な利用者にコスプレをして貰って楽しく終わった。

ところが、その年に異常な事が起こった。

今までコスプレしてくれた最高齢の利用者達は、あきらかに老衰だった。

しかし、その年の8月、一度も誤嚥したこともない自分で食事をしていたおひな様役の利用者が、料理を喉に詰まらせて永眠した。

そして付き添いを嫌がるほど元気だった御内裏様役の利用者が、外出中に交通事故で永眠した。

話し合いの結果、次の年からひな祭りのコスプレは無くなった。

不思議な話その③「白髪の生えるひな人形」

これは弟から聞いた話で実際にあった話です。

昔、毎年出していたひな人形をその年だけ出さなかった年があったそうです。

そしてその翌年、ひな人形を出してみたら、おひな様に一本だけ白髪が生えていたそうです。

おひな様も寂しくてストレスが溜まっていたのかもしれません。

人形は生きてるんですね。

弟の友達も何年もひな人形を出していなくて久々に出してみたら
顔がドロドロに溶けて顔の部分だけなくなっていたというエピソードもあったそうです。

ひな人形を毎年飾っている皆さんは毎年忘れずに出すことをお勧めします。

不思議な話その④「川原で手を振るひな人形」

2008年の夏休み、8月の下旬に一週間ほど兵庫にある実家に帰りました。

ある日父の弟にあたる叔父の仕事の手伝いをして車で帰っていた時のことです。

夕方、まだまだ熱気を孕んだ風を窓から受けて夏の終わりを感じ、なんだか切ない気持ちになったことを覚えています。

実家付近の川原にさしかかり「寄ってみるか?」との叔父の言葉に二つ返事で賛成しました。

実家から車で10分くらいの川原でしたが、最後に来たのは小学生の頃。
懐かしい気持ちと汗と埃を洗い落としたかったのが理由でした。

その川は水量も少なく、名水百選にも選ばれた川の傍流なので水の透明度は素晴らしく、休憩にうってつけの場所でした。 
小学生の頃、自由研究で川の水位を測った時に目印にした岩も残っていてついつい感傷に浸ってしまいました。

水で顔を洗い、‘石切り’などしていると「誰か来るぞ」と言う叔父の言う方を見やると手を振る人影が対面の岸に手を振る人影が見えました。

そんなに遠くないのに 靄(もや)のような霧がかかり、影のようにしか見えない人影は小舟に乗ってこちらにやってきました。

人影は二人連れでひとりがこちらに手を振っています。

叔父がその人影に気付いたときから こちらに手を振っていたので知り合いか用があるのか?と思いました。

誰だかわからないまま、叔父と僕は怪訝な顔つきのまま 手を振って応えていました。
そろそろ靄を抜けるか、という境まで来てもまだ手を振っているで改めて誰なのか考えつつ僕はしゃがみ込んで待っていました。

そしていよいよ完全にその姿を目視出来る距離まで来てその二人の、あまりにあまりな正体に僕と叔父は戦慄しました。

小舟に乗ってこちらへやって来ていた人影の正体は二体の人形だったのです。

叔父と二人、悲鳴をあげながらも目を離すことが出来ません。

まず手を振っていた方は水色の和装で腰に刀をさした少年の人形でした。

恐らく真っ白はずのだった顔は長い年月雨風にさらされたかのように汚れており、唇にひかれてた紅は剥がれかけていました。

もう一体は、 髪が長く薄い赤色の着物を着ている少女の人形で、少年の人形と対になっているのが分かりました。

ちょうど少し大きめのひな人形のようでした。

そして小舟と思っていたのは、 長方形の平べったいお盆のようなものでした。

僕は震えながらもその姿から目を離せないでいました。

すると叔父が「流れ逆やぞ、これ!」と叫びました。

この人形たちは川の流れに逆らってこちらへやって来ているのです。

それに気付いた僕たちは車に飛び乗り一目散に逃げました。

僕が恐る恐るサイドミラーで確認すると、二体の人形は本来流されるべき方向へ
ゆっくりと 遠ざかっていきました。

夢にも出てくるなどはなかったですが、怖くてあの川には近づけなくなりました。

不思議な話その⑤「動くひな人形の中身?」

五歳くらいの三月頃の出来事だったと思います。

私の家には、日本間があって客間として使われていました。

そこにはおひな様の壇、ロッキングチェア、大きな黒い壷など幼い私の心をくすぐるものがたくさんありました。

親に部屋を汚してはいけないから入るなと言われてもこっそりと弟とそこで遊んでいました。

その日は、靴下を履いて畳の上をすべる、スケートの真似事遊びを弟としていました。

思いっきりすべった時バランスを崩して、私は転んで背中を畳に打ち付けました。

その時、床に転がった私の目と鼻の先に、何か赤いものがありました。

私の手より少し大きくて、赤黒く、ぬるぬるとしているように見え、ひき肉のようでもありました。

細いみみずが百匹くらいを丸めたような姿で、暖かい動物の臭いがしました。

子供だったからか、怖いという気持ちにはならず、私は触ってみようとしました。

すると、ずずっずずずっといった感じで一瞬でその塊は消えていってしまいました。

私を心配する弟の声に我に返り、弟に確認しましたが弟にはその塊は見えていませんでした。

この話には後日談があります。 

何日か後、ひな祭りが終わりひな人形を片付けていた時のことです。

一番左側の三人官女を箱に入れようとした時、首が取れて落ちました。

うちのひな人形は首がコルク栓のように出来ているので、何も珍しいことではありません。

しかしその三人官女の首がとれた所から、暗い、からっぽな胴体の中を覗こうとした時、生臭い匂いがしてきました。

胴体の空洞から出てくるその臭いは、先日見た、赤黒い塊の臭いによく似ていました。

一緒に片付けていた祖母に「これ変な臭いがする。」と言うと、「カビが生えたかね」と言って笑って箱にしまうだけでした。

厳しい祖母には内緒でここで遊んでいたことなど言えないので、私が見たものの話は出来ませんでした。

ひな人形には不思議な話が多い?背筋が凍る話特集!まとめ

雛人形,不思議な話

ひな人形を早くしまわないとお嫁に行き遅れると言う話は有名ですが、ひな祭りまでたっぷりと悪運や不幸を背負いこんだひな人形を、長い間出しているとまた災厄が戻ってくるからというものもあります。

その他にも、ひな人形持ち主が存命中なら、人形を処分しない方がいいという話もありますし、やはりひな人形が自分の身代わりとして存在するという話は現在でも引き継がれています

そんなひな人形ですから、不思議な話が数多くあってもおかしくないのかもしれないですね。

私自身のおひな様はガラスケースに入ったものでしたが、幼なじみの家には七段飾りの立派なひな人形がありました。

幼い頃は私もそれが欲しくて何度も母に訴えましたが、ガラスケースの利便性を伝えられ私の願いが叶うことはありませんでした(笑)

それでも、うちのひな人形は自分のものという認識からか飾ると嬉しかったのを覚えています。

ちょっと神秘的で怖いひな人形ですが、改めて感謝の気持ちを持って大事にしてみるのもいいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください