パラレル東京でトラウマを思い出す人多発?本当にリアルと話題に!

パラレル東京,トラウマ,リアル,話題

12月2日から8日に渡って放送される、NHKスペシャルの「パラレル東京」でトラウマを思い出す人が多発しているようです。

パラレル東京とは?

トラウマになるの?

ネットの声をまとめてみました!

スポンサーリンク

トラウマを思い出す!?パラレル東京とは?

パラレル東京,トラウマ,リアル,話題

パラレル東京とは、30年以内に70%の確率で発生するとされる首都直下地震が起きた場合に、何が起こるかを想定したフィクションドラマです。

「架空の東京=パラレル東京」ではVFX映像を用いてこの状況を描いているため、これが物凄くリアルだとネット上で話題になっています。

ドラマの舞台は、膨大な被害情報・映像が集まるテレビ局のニュースセンターです。

2013年の内閣府被害想定によれば、冬の夕方に都心南部でマグニチュード7.3の地震が起きた場合、風速8mの風が吹いていると、首都圏全体で死者数2万3千人、全壊・焼失家屋61万棟、避難者720万人、経済被害95兆円にのぼると推計されている。

この条件を元に作られたドラマになっているようです。

スポンサーリンク

パラレル東京に対するネットの声

まとめ

パラレル東京,トラウマ,リアル,話題

確かに危機感を持って生きていかなければならないとは思いますが、これを見てトラウマを思い出す人がいることは事前に予告などをすると良かったかもしれませんね。

しかし、決して他人事ではない災害ですので予想シミュレーションをすることも大事かと思います。

何かあったときに対応出来るように、日頃から色々考えていかないとですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です