SixTONESが微妙?デビュー曲の評判がイマイチ?

SixTONES,微妙

2020年の1月22日にデビューのSixTONESですが、そんな彼らのデビュー曲『Imitation Rain』に微妙との声が上がっています。

一体何が微妙なのでしょうか?

まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」はどんな曲?

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」は「2019ベストアーティスト」で初披露されましたが、今までのジャニーズのデビュー曲と打って変わって、しっとりとしたバラード調の曲でした。

確かにジャニーズっぽくはないかも?

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」作詞作曲はYOSHIKI

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」は、X JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲を手掛けることでも話題になっていました。

YOSHIKIさんがジャニーズに楽曲提供をするのはSixTONESが初めて。

ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明さんの、YOSHIKIさんへの熱烈オファーで実現しました。

YOSHIKIさんは

滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。

楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKI メロディ”を取り入れました。

先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ「SixTONES」という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。

デビュー、おめでとうございます。

とのコメントを寄せています。

スポンサーリンク

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」が微妙な理由①

SixTONES,微妙

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」が微妙な理由として、インパクトがないという声が寄せられています。

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」が微妙な理由②

SixTONES,微妙

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」が微妙な理由として『ジャニーズっぽくない』という声もありました。

先輩ジャニーズのデビュー曲と比較

スノストがデビューしてデビュー曲メドレーやるっていったら面白いからメドレーにしたんだけど1グループだけテイスト違いすぎて面白いから聞いてみてwwwwwwww#ImitationRain #SixTONES #SixTONESデビュー曲 pic.twitter.com/G7cW1FYYFt

— ペリー (@perry_0615) November 27, 2019

SixTONESの代表曲とは?

2020年の1月22日にデビューのSixTONESですが、が結成されたのは2015年5月です。

なのでデビューはしていませんでしたが、オリジナル曲は既に13曲もあるんです。

特に人気なのが『JAPONICA STYLE』ですが、滝沢秀明プロデュースのMVはなんだかデビュー曲よりも派手派手な印象を受けます。

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」肯定派の意見

まとめ

SixTONES,微妙

賛否両論ありますが、個人的には凄く好きな曲です。

YOSHIKIさんプロデュースの曲ですし、これからもジワリジワリと人気を伸ばしていく楽曲になると思います。

SixTONESのデビューが楽しみですね!

これからも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です