SixTONESは下手?歌のレベルはどうなの?

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESはデビューしたばかりとは思えない完成度で、歌って踊れるアイドルとして2020年ブレイク間違いなしの存在です。

メジャーデビューを後輩のグループに先を越されるなど、いろいろな苦労をしてきたからこそ今のSixTONESがあると思います。

すでにSixTONESの歌唱力は高く評価されていて、ジャニーズの中でも一番上手いとの呼び声もあります。

そこでネット上で噂されるSixTONESの歌唱力についてや、メンバーの中で誰が一番上手いかを調査していきます。

スポンサーリンク

SixTONESは口パク?生歌?

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESは歌唱力の高さにも定評がありますが、一部でSixTONESは口パクだと論争が巻き起こってます。

2019年にSixTONESがテレ朝の音楽番組「Mステ」で披露したパフォーマンスが、口パクではないかと囁かれているようで、過去にも生放送の音楽番組でジャニーズアイドルがマイクを落としたのに歌声が流れていたこともあります。

SixTONESが口パクだと言われている理由のひとつは歌唱力が高いからで、あまりに歌が上手いので口パクと思った人も多いようです。

また「Mステ」に出演した時も本当は口パクを指示されつつも、SixTONESは口パク音源に生歌を被せたとの憶測も広まりましたし、SixTONESは激しいダンスも特徴のグループなので、口パクじゃないと無理だと指摘する人もいました。

個人的には、SixTONESは口パクをすることはプライドが許さないので、どんなときでも生歌だと思いました。

スポンサーリンク

SixTONESは歌がうまい?

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESの歌唱力はアイドルの域を越えていて、歌の上手さは誰もが認めるところでメンバー全員のレベルが高いのも特徴です。

激しいダンスだけでも大変なのに抜群の歌唱力で、デビューしたばかりとは思えない歌唱力だと話題になるほどで、今までのアイドルグループの中には一人は歌が下手な人もいる印象ですが、SixTONESはメンバー全員の歌のクオリティが高いです。

SixTONESはメンバーそれぞれの歌唱力が見事に融合していて、グループだからこそ歌の厚みを感じます。

メンバーそれぞれが自分の役割を全うしているので、個性豊かなメンバーながら結束力はジャニーズ随一だと思います。

まだデビューして間もないSixTONESですが、すでに歌唱力が高いグループとして認知されています。

デビューしたばかりとは思えない完成度のSixTONESですから、これから成長していくと想像するだけでワクワクしますね。

お世辞抜きで歴代のジャニーズアイドルの中でもトップ3に入るほど、SixTONESの歌の上手さとパフォーマンス力は群を抜いています。

関連記事:『SixTONESのファンクラブの人数は?キンプリやSnow Manとの比較!』

関連記事:『SixTONESが微妙?デビュー曲の評判がイマイチってマジ?』

関連記事:『SixTONESにパクリ疑惑?MVに見覚えがあると話題に!』

SixTONESで歌が上手いと評判のメンバーは誰?

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESの中でも歌が上手いと評判なのが京本大我さんで、透明感溢れる高音ボイスで多くのファンを魅了しています。

京本大我さんはミュージカル俳優としても活躍しているので、伸びのある歌声もミュージカルの経験が生きていると思います。

ジャニーズは歌が下手でもご愛嬌という感じもありますが、京本大我さんの歌声は心が震えるほど圧巻の歌唱力で、ジャニー喜多川さんも京本大我さんの歌唱力を褒めていてたほどで、京本大我さんのアカペラはゾクゾクするほどです。

ただ京本大我さんも始めから歌が上手かったわけではなく、努力を重ねて歌唱力を磨き上げています。

父親の京本政樹さんも美声なことで知られていて、京本大我さんの声質も父親譲りで似ていると言われていました。

SixTONESメンバーで歌唱力はNo1と言わている京本大我さんは、ソロでも十分に活躍できるだけの才能があるのは間違いありません。

スポンサーリンク

SixTONESの最大の魅力とは?

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESは王道アイドルからは一線を画したグループで、まさに新時代アイドルの急先鋒のような存在です。

今までのアイドルにはなかった妖艶な雰囲気も大きな魅力で、オンとオフの切り替えが天才的に上手なグループという印象で、圧巻のパフォーマンスと歌唱力はもちろんですが、普段のSixTONESはごく普通の若者というギャップが最大の魅力だと思います。

ワイルドかつセクシーな雰囲気は先輩であるKAT-TUNを彷彿させますが、KAT-TUNにもない個性があるのもSixTONESの特徴です。

国民的アイドルグループのSMAPよりもデビュー時の完成度は高く、コントの構成力もSixTONESならではの魅力があります。

SixTONESメンバー6人とも個性豊かでアピール力も高いので、本当の意味で6人が揃ってSixTONESと言える感じですね。

どこかアイドルは優等生じゃないといけない感じもしますが、SixTONESは良い意味でジャニーズアイドル像を打破できるグループだと思います。

SixTONESは下手?歌のレベルはどうなの?まとめ

SixTONES,下手,歌のレベル

SixTONESの歌唱力について調査してきましたが、歌のレベルはアイドルの域を遥かに越えている印象でした。

本当にデビューしたばかりかと疑うほど完成度は高く、SixTONESの実力の高さは言うまでもありません。

多くの人がSixTONESを初めて見た時に衝撃を受けていて、ジャニーズかと驚く人ばかりなのも納得です。

ジャニーズに興味がなかった人も惹き付けてしまうSixTONESは、トーク力の高さと面白さもジャニーズ随一ですね。

ジャニーズ感がないと言われるSixTONESですが、それこそが最大の強みだと思うので2020年は大暴れを期待したいと思います!

関連記事:『SixTONESのファンクラブの人数は?キンプリやSnow Manとの比較!』

関連記事:『SixTONESが微妙?デビュー曲の評判がイマイチってマジ?』

関連記事:『SixTONESにパクリ疑惑?MVに見覚えがあると話題に!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください