名古屋高速料金所閉鎖はいつまで?新型コロナ

名古屋高速料金所,閉鎖,いつまで,新型コロナ

またしても新型コロナウィルスの感染者が発表されました。

今回は名古屋高速料金収受会社の職員だそうです。

この影響で名古屋高速は閉鎖されますが一体いつまでなのでしょうか?

まとめてみました。

スポンサーリンク

名古屋高速料金所閉鎖のニュースとは?

 名古屋高速道路公社は22日、料金収受会社に所属する60代男性事務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。事務員本人は料金所に勤務していないが、料金所勤務の職員ら52人が濃厚接触した可能性があり、同高速は自宅待機を命じた。これに伴い22日午前9時から、六番南(名古屋市熱田区)、木場(名古屋市港区)、六番北(熱田区)、船見(港区)、烏森(名古屋市中村区)の5料金所が閉鎖された。

 5料金所は、自動料金収受システム(ETC)用の入り口も使えない。さらに23日午前9時以降は、東海新宝(愛知県東海市)の料金所も封鎖する。

 名古屋市が同日に発表した市内在住の新たな感染者4人のうちの1人。

 名古屋高速によると、男性は料金収受会社の職員だが、料金所には勤務していない。男性事務員と濃厚接触した可能性がある収受担当の事務員ら52人を、22日までに業務から外した。

 名古屋高速は全9路線で、総延長は81・2キロ。

名古屋高速料金所閉鎖はいつまで?

名古屋高速料金所,閉鎖,いつまで,新型コロナ

現在、名古屋高速料金所の閉鎖がいつまでかは発表されていませんが、職員の自宅待機は2週間だそうです。

自宅待機命令の解除までは閉鎖の可能性があると思うので、約2週間は閉鎖されているとみてもいいかもしれません。

どこからか社員が補填される可能性ももちろんあると思います。

スポンサーリンク

名古屋高速料金所閉鎖感染経路は?

今回の名古屋高速料金収受会社の職員の感染経路は、通っていたスポーツジムで感染したのではないかと考えられているようです。

感染経路は定かではありませんが、感染した後にも普通に出社していたため、これ以上の拡大を防ぐために濃厚接触したと思われる同僚52人を自宅待機させました。

そのため人手不足により名古屋高速の料金所が閉鎖になりました。

名古屋高速料金所閉鎖に対するネットの声

まとめ

名古屋高速料金所,閉鎖,いつまで,新型コロナ

状況はどんどん深刻になってきましたね。

筆者が住んでいる市でも感染者が出たのでもう他人事ではありません。

名古屋高速料金所閉鎖もいつまで続くのでしょうね…。

新しい情報が入り次第追記していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です