メラニンが色白を決める?なりたい肌を目指そう!

メラニン,色白

紫外線が強くなってきて、日焼けが心配な季節になってきましたね。

日焼けをすると、さらにお肌が黒くなって、嫌だな…っと思う方も多いのではないでしょうか?

日焼けやお肌の色には、「メラニン」という物質が大きく関係しています。

今回は、日焼け対策に深く関係している、「メラニン」の役割や、憧れの色白になれる方法などを解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

メラニンって何?

メラニン,色白

メラニンとは、肌や髪の毛などの色を作っている色素の事を言います。

色素は、私たちのお肌の色や髪の色などの元になる物質で、この色素が生成できなくなると、髪の毛が白髪になってしまったりするのです。

自然界の中でも、トマトの赤色のもとになる「リコピン」や、ほうれん草の緑色のもとになる「クロロフィル」などが、その役割を担っています。

私たち人間の肌色のもとになるのが、「メラニン」なのです。

メラニンの種類と量で肌に違いが出る?

メラニン,色白

私たち人間の肌色は、一色ではなく、人種やお肌の状態によっても、変わってきます。

また、メラニン色素の含まれている量や、配合比率によっても、お肌の色は微妙に変わってきます。

メラニンの量が多ければ多いほど、お肌の色は濃くなり、逆に少なくなれば少なくなるほど薄くなります。

メラニンの役割は?紫外線から守る?

メラニン,色白

お肌の色が、メラニンの量によって違いが出てくることは分かりました。

しかし、メラニンの役割は、私たちのお肌の色を決める事だけではありません。

メラニンは、「紫外線」に対しての働きも担ってくれています。

私たちのお肌は、紫外線を浴びると「活性酸素」というものが発生します。

その「活性酸素」は、細胞の中にまで入ってしまう細菌を、退治してくれる役割もあるのですが、その反面、増えすぎるとお肌の細胞そのものに、ダメージを与えてしまう側面もあるのです。

そんな、お肌にダメージを与えてしまう「活性酸素」を消したり、お肌を守る働きをしてくれるのが、「メラニン色素」なのです。

また、皮膚がんになる原因から、お肌を守ってくれる役割もあります。

メラニン色素には、そんなお肌を守ってくれるバリア機能があり、紫外線を浴びて、お肌が黒くなっている時は、メラニンが紫外線から守ってくれている状態なのです。

紫外線は、時に皮膚がんの発症リスクがあると言われていて、人間にとってメラニン生成はとても重要な働きをしてくれるものです。

メラニンの色素が欠乏している「アルビノ」は、紫外線を浴びた時のメラニン生成が出来ないため、肌の色が白く、皮膚がんのリスクが高いと言われています。

メラニンが減ると色白になれるの?

メラニン,色白

さて、メラニンの役割は分かりましたが、それでも色白への憧れはありますよね。

簡単に言うと、メラニン色素の量が少なければ、お肌の色が薄くなるのですから、メラニンの量を減らせば色白になることが出来るのです。

体の中のメラニンを減らす方法としては、下記の2つがあります。

・メラニン色素を作る量を抑える方法。

・増えてしまったメラニン色素の量を減らす方法。

体にとっては、メラニンも必要な物質ですので、完全になくすことは出来ませんが、それでもメラニンの生成を抑えることが出来れば、白いお肌に近づきます。

色白の人はシミやシワが出来やすい?

メラニン,色白

シミが発生する原因は、メラニン生成に深く関わる「メラノサイト」という細胞の異常によるもので、通常より過剰に生成されることで、シミが発生すると言われています。

色白の人は、色黒の人に比べると、もともとメラニン色素が少ないため、紫外線によって発生した活性酸素で「メラノサイト」が損傷しやすい体質だと言われています。

「メラノサイト」が損傷を受けると、正常に活性酸素を処理することが出来なくなり、シミやシワが出来やすくなるのです。

スポンサーリンク

メラニンの生成を抑える方法は?

メラニン,色白

それでは、実際にメラニンの生成を抑える方法を、解説していきたいと思います。

・紫外線を極力浴びないこと。

お肌を守る役割のあるメラニンは、紫外線に当たるとお肌を守ろうと頑張り、それに伴ってお肌の色も濃くなります。

紫外線とメラニンの生成は、切っても切り離せないものですので、メラニンの生成を抑える為には、紫外線になるべく当たらないのが一番なのです。

具体的な方法としては、日傘や袖のある洋服で物理的に紫外線が当たらないようにする方法です。

また、日焼け止めを塗るのも効果的ですね。

最近では、「飲むタイプ」の日焼け止めも販売されているので、塗るのに抵抗がある方には、オススメです。

・「ビタミンC」を摂ること。

ビタミンCを摂る事も、メラニンの生成を抑えるには効果的です。

メラニンの生成には、「チロシナーゼ」という酵素が必要で、この酵素の働きを抑える効果が、「ビタミンC」にはあるのです。

みなさんご存じの通り、ビタミンCは柑橘類に多く含まれています。

また、サプリや「ビタミンC誘導体」配合の化粧水などで取り入れることが可能ですので、手軽に試すことが出来ますね。

・美白成分でメラニンの生成を抑える。

メラニンの生成を抑える効果があると言われる成分は、「トラネキサム酸」や「アルブチン」などがあります。

美白成分でメラニンの生成を抑えることが出来るなんて、嬉しいですよね。

毎日のスキンケアに取り入れることが出来るので、続けやすいのも魅力です。

・ストレスをためない。

メラニンの生成には、お肌のターンオーバーが影響します。

この周期は、ストレスなどで大きく乱れてしまうので、メラニンによって日焼けした肌を、正常な周期で元に戻すには、ストレスによる影響を、極力少なくすることも大切です。

増えてしまったメラニンの量を減らすには?

メラニン,色白

それでは、既に増えてしまったメラニンの量を、減らす方法を解説していきたいと思います。

・ピーリング。

ピーリングは、角質などを除去するのと同時に、ターンオーバーのサイクルを正常に戻す効果があります

本来、ターンオーバーが正常なサイクルなら、自然とメラニンは体外へ排出されますが、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、徐々にメラニンが蓄積されてしまいます。

乱れたサイクルを、ピーリングによって正常な状態へと促す事で、メラニンの量を減らすことが出来るのです。

・ハイドロキノン配合のクリームでケアする。

ハイドロキノンは、「還元作用」というメラニンの色素を薄くする働きのある成分です。

メラニンを生成する時に、「チロシナーゼ」という酵素が必要ですが、この働きを抑えることで、メラニンの量を抑えることが出来るのです。

お肌を白くするための、「肌の漂白剤」と言われている「ハイドロキノン」配合のクリームを使えば、既に増えてしまったメラニンを、毎日のケアで減らすことが出来るのです。

「ハイドロキノン」は初心者には少し扱いが難しい成分ですが、使い方さえ間違えなければ美白に非常に有効な成分になっています。

レーザーでメラニンを破壊出来る?

メラニン,色白

メラニンは、体の中で作られるものなので、消滅させてしまう事は出来ませんが、レーザーによって破壊することは出来ます。

メラニン色素の量などによって、調節しながら照射することが大切です。

最近では、色々な種類のレーザーがあり、ターンオーバーの働きを促すタイプのものもあります。

これは、メラニンの破壊とともに、角質の除去も同時に行ってくれるレーザーです。

そして、アトピーなどで治りにくいと言われている、炎症後色素沈着も、レーザーによって薄くすることが出来ます。

根気よくレーザー照射していくことで、徐々に改善されていく方法です。

日焼けしやすい人としにくい人の差は?対処法は?

メラニン,色白

同じように紫外線を浴びても、日焼け後に、黒くなる人と、赤くなるタイプの人がいますよね。

この、日焼けをしやすい人としにくい人の違いにも、メラニンは関係しています。

まず、もともと色白の人は、日焼けをした時に赤くなる傾向があります。

これは、色白の人はメラニン色素を生成する力が少ないため、紫外線に当たると、火傷をした時のようになってしまうのです。

逆に、色黒の人は、メラニン色素が多いので、紫外線に当たるとそれに対抗するように、メラニンが生成されお肌の色が濃くなり、黒くなりやすいのです。

日焼け対策としては、日焼け止めクリームを塗る事や、日傘や帽子などで物理的に、紫外線からお肌を守る事が有効です。

日焼け止めクリームを塗る時に大切な事は、2時間おき位に、塗り直すことです。

日焼け止めクリームは、一度塗ってしまえば安心というわけではなく、こまめに塗り直すことで、効果を最大限に発揮してくれます。

それでも、日焼けによるお肌へのダメージを完全に防ぐのは難しいので、それぞれに合った日焼け後の対処法を解説していきたいと思います。

・クールダウンする。

まず真っ先にやるべきことは、「クールダウン」です。

日焼けをした後のお肌は、私たちの目には見えなくても、軽いやけどをしたような状態になっています。

そして、お肌の表面は、熱を持っていますので、濡れたタオルや軽くミストをかけるなどの対処が必要です。

・保湿をする。

日焼けをした後のお肌は、水分が足りない状態になっています。

ですので、クールダウンをして落ち着いてきたら、必ず保湿をするようにしましょう。

ただし、日焼け後のお肌はデリケートになっているため、パッティングなどの強い刺激は与えないでください。

保湿をする時は、低刺激の化粧水などを、ゆっくりお肌に染み込ませるようにしましょう。

まとめ

メラニン,色白

メラニン色素が、私たちのお肌の色に深く関係していることが良く分かりましたね。

紫外線を浴びた時に、メラニン色素が正常に働いてくれているおかげで、皮膚がんやシミ・シワの発生から私たちは守られているのです。

私たちの体にとってなくてはならないものですが、その反面、色白に憧れる女性からすると、色が黒くなってしまう、ちょっと困った特性を持ったものでもあります。

しかし、メラニンの特性を利用し、日頃からメラニン生成に関わるものをうまく取り入れることで、色白のお肌を手に入れることも、夢ではありません。

日焼け止めクリームや、美白ケアのようなお肌の表面的なアプローチから、紫外線によって発生する「活性酸素」を、ビタミンなどで内側からケアするアプローチ法まで、メラニン生成に対するケア方法は、手軽にできる物が多くあります。

それだけではなく、レーザーによって、アトピーなどによる色素沈着に対しても効果が期待できる方法もあります。

メラニン色素を正常に保ち、理想の色白へと近づくために、紫外線対策はもちろん、お肌への保湿やピーリングなどのスペシャルケアをして、労わりながら付き合っていきたいですね。

今回ご紹介した方法を参考に、これからの季節お肌のケアをしっかりして色白のお肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です