シミにはアルブチンが効くって本当?成分を分析!

シミ,アルブチン

美白効果が期待できる成分として、色々な化粧品に配合されているアルブチンとハイドロキノン。

一口に美白効果と言っても、それぞれの成分には効果や特徴、使う用途によっての使い方の違いなど、詳しく見ると少しずつ違いがあります。

そこで今回は、アルブチンやハイドロキノンの細かい特徴やシミに効くメカニズムなどを解説していきたいと思います。

目次

アルブチンの効果は?

シミ,アルブチン

ここでは、「アルブチン」の期待できる効果を、ご紹介したいと思います。

美白効果

アルブチンとは、コケモモやウワウルシという植物から抽出することが出来る成分で、医薬部外品の美白有効成分として承認されており、美白効果を目的とした化粧品には配合されている成分です。

アルブチンは、メラニン色素を作り出すチロシナーゼに直接作用し、チロシナーゼの働きを抑制することによって色素沈着を防ぐ効果があります。

尿路感染症の予防

アルブチンは、ハイドロキノンを生成する時に尿の中で分解されます。

ハイドロキノンが腎細胞を刺激して利尿作用をもたらすのです。

殺菌効果の特徴を持っている事から、尿路消毒剤や利尿薬として膀胱炎などの治療などにも用いられる成分です。

aアルブチンとbアルブチンの違いは?

シミ,アルブチン

アルブチンには、「aアルブチン」と「bアルブチン」という、2種類のアルブチンがあります。

この違いは、ハイドロキノンとブドウ糖の結合方法の違いによって区別されています。

aアルブチン

aアルブチンはサンタベリーや梨などの植物に多く含まれており、天然のハイドロキノンにブドウ糖をa結合で転移させた成分です。

bアルブチン

bアルブチンは主にウワウルシに多く含まれている成分で、天然のハイドロキノン配糖体のことを指します。

簡単に説明すると、従来のハイドロキノンの美白効果をより発揮しやすく加工した状態がaアルブチンという事になります。

効果の違いとして、aアルブチンはbアルブチンよりも10倍以上の効果が期待できると言われている成分です。

歴史的にはbアルブチンの方が長く美白効果としての特徴は同じですが、aアルブチンの方がより優れた効果を発揮すると言われています。

>>アルブチンを含むおすすめシミケア【ちゅらゆくる】はこちら

ハイドロキノンの効果は?

シミ,アルブチンハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれており、高い美白効果として有名で様々な化粧品に配合されています。

その中でも、期待できる具体的な効果をここではご紹介したいと思います。

新しいシミが出来るのを予防する効果

シミは、「メラノサイト」や「チロシナーゼ」などの細胞の働きによって生成されます。

ハイドロキノンはその働きを阻害し、メラニン色素の生成を抑えて新しくシミが増えていくのを予防する効果があるのです。

すでに出来ている「シミ」を薄くする効果

ハイドロキノンは新しくシミが出来るのも抑えますが、すでに出来てしまっている「シミ」に対しても有効です。

「肌の漂白剤」と呼ばれている事もあり高い美白効果が期待でき、メラニン色素を淡色化する「還元作用」という効果が大いに期待できるのです。

アルブチンとハイドロキノンの使い方の違いは?

シミ,アルブチン

それではアルブチンとハイドロキノンのそれぞれの使い方の違いを解説していきたいと思います。

アルブチンの使い方

アルブチンの使い方として2回のタイミングに分けた使い方をすると、より効果を実感できる事が分かっています。

紫外線を浴びる前に使う

真夏などの強い紫外線を浴びると、私たちのお肌では約5秒ほどでメラノサイトが活性化されると言われています。

そして、約3分ほどで日焼けが起き始めるのです。

そんな時、事前にアルブチンを取り入れておくと紫外線によるメラニンの生成を抑えてくれるのです。

紫外線を浴びた後に使う

お肌を日焼けの刺激から回復させるには、紫外線を浴びた日から約3日間はアルブチンでの集中ケアが必要です。

アルブチンを集中的にお肌に取り入れることで紫外線によって炎症が起き、活性化した「チロシナーゼ酵素」の働きを抑制することが出来ます。

ハイドロキノンの使い方

1日1回、夜の使用

ハイドロキノンは、基本的に1日1回「夜」の使用とされています。

ハイドロキノンの特徴として、紫外線に当たるとシミを濃くしてしまう性質があるためです。

一日の汚れを洗い流し、夜の集中ケアとしての使い方がオススメです。

日焼け止めなどとの併用

ハイドロキノンをご使用中は、日焼け止めなどのクリームとの併用をおススメしています。

SPF20以上が好ましいと言われています。

ハイドロキノンは、紫外線に当たっていない状態で使う事で効果を最大限に発揮できる成分なのです。

やっぱりシミにはハイドロキノン?

シミ,アルブチン

「お肌の漂白剤」と呼ばれるほど、漂白作用が強いハイドロキノン。

メラニン還元力が強くシミを薄くする効果は絶大です。

ここではハイドロキノンがいかにシミに対して有効な成分かを解説していきたいと思います。

すでに出来てしまったシミにも効果的

シミの発生メカニズムは紫外線を浴びるとメラニンが作り出され、その発生と排出のバランスが生活習慣などの乱れによって崩れ、色素沈着が起きることでシミが発生します。

メラニンは、発生してからも酸化してより濃くなっていきますが、ハイドロキノンにはこのシミが濃くなる力を弱める力があるのです。

これを還元力と言い、ハイドロキノンの最大の特徴と言えます。

メラニンの生成を抑える効果は、一般的な美白成分の約100倍

ハイドロキノンにはメラニンの生成に関わる「酵素チロシナーゼ」という成分を抑える効果があります。

紫外線を浴びてメラニンの生成を促す際に発生する「チロシン」というアミノ酸があります。

その「チロシン」と合わさる事で、シミの原因になる茶褐色のメラニンに変化するのが「酵素チロシナーゼ」

この「酵素チロシナーゼ」の働きを抑えることでシミの発生を防ぐことが出来るのです。

しかも、その効果は他の美白成分の約100倍といわれているほどなのです。

アルブチンより効果がある成分って?

シミ,アルブチン

アルブチンよりも美白効果がある成分として挙げるのならば「ハイドロキノン」でしょう。

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と呼ばれているだけあって、美白に関しては最強クラスの効果が期待できます。

しかし、その反面とても刺激が強く、敏感肌の方や日焼け直後のお肌には肌トラブルなどの影響が出てしまう事があります。

そしてハイドロキノンの性質上、酸化しやすい特徴があり扱い方も気をつける必要があります。

同じくシミ予防などで名前が挙がる成分のアルブチンは、もともとハイドロキノンを母体として作られた成分です。

ハイドロキノンは美白効果だけで見れば、アルブチンよりも抜群の効能を持った成分と言えるでしょう。

アルブチンの効果的な使い方のタイミングは?

シミ,アルブチン

では、アルブチンの効果的な使い方やタイミングについて解説していきたいと思います。

先程も軽くアルブチンの使い方に触れましたが、改めて詳しい使い方やタイミングをご紹介したいと思います。

一日の中で2回に分けて使うと効果的

アルブチンは外出などで紫外線に当たる事が予想される時は「前日の夜」と「当日の朝」という2回のタイミングに分けて取り入れると効果的です。

紫外線による肌ダメージは、紫外線に当たり始めてからほんの数分で発生します。

そのような時に事前に「アルブチン」を取り入れておくと、効果的にメラニンの生成を抑えてくれるのです。

3日間の集中ケアで炎症を抑制

日焼けをした後のお肌は紫外線による炎症で、活性化したチロシナーゼ酵素が生成されています。

ですので、日焼け直後からの集中ケアがとても大切になってきます。

内側からしっかり炎症を抑えメラニンの生成に関わる元をブロックし、炎症によって活性化した「チロシナーゼ酵素」の働きを抑制しましょう。

アルブチンのおすすめの組み合わせの美容成分は?

シミ,アルブチン

これまでの流れで、アルブチンが高い美容効果がある成分だという事が分かりました。

ここでは、さらに効果を高めるためにアルブチンと併用して使うと良い美容成分をご紹介したいと思います。

ビタミンC誘導体との併用

ビタミンC誘導体は、お肌のターンオーバーの働きを促進させメラニンの排出を促す働きがある成分です。

ビタミンC誘導体そのものは、ブドウ糖と合わせてお肌への浸透力を高めた成分で、アルブチンと併用することでシミの改善や予防の効果が期待できます。

また、ビタミンC誘導体のもつ抗酸化作用によって、お肌の老化を抑制したり皮脂分泌のコントロールをしてくれる効果も期待できます。

プラセンタエキスとの併用

プラセンタエキスとは哺乳類の胎盤から抽出された成分です。

細胞の成長にとって必要な「アミノ酸」「ビタミン」「ミネラル」「核酸」などの栄養成分が豊富に含まれており、お肌の再生をサポートしてくれる成分です。

プラセンタエキスを併用することでお肌の基盤が整い、アルブチンの成分が浸透しやすいお肌にしてくれます。

トラネキサム酸との併用

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で主に炎症などを抑える働きがあります。

また、炎症を起こす「酵素プラスミン」の働きを抑える効果もあります。

アルブチンと併用することで、赤みのあるシミやニキビ跡などのお肌の炎症を沈め、メラニンの増加によるシミの悪化を防いでくれます。

アルブチンのQ&A

シミ,アルブチン

では、アルブチンに関してみなさんが疑問に思うような事をQ&A形式で解説していきたいと思います。

Q1、アルブチンは、白斑の危険性はある?

A、アルブチンは刺激性が低い特徴があり、白斑などの重い副作用はほとんど報告されていません。

Q2、アルブチンでニキビ跡は改善する?

A、アルブチンはすでに出来てしまっているニキビ跡の色素沈着を薄くする効果はあまり期待できません。

アルブチンの効果が最大限に得られるのはニキビが出来る前の予防段階です。

Q3、アルブチンには肌荒れなどの副作用はある?

A、アルブチンは刺激性の低い成分ですので、肌が極端に敏感な方でなければほとんど副作用の心配はありません。

敏感肌などでアレルギー反応が出たり、お肌に異常があった場合は使用を中止してください。

Q4、アルブチンの粉末の使い方は?

A、アルブチンの粉末、化粧品を自分用に手作りしたい方に人気です。

グリセリンや精製水をレシピ通りに混ぜれば簡単に作ることが出来ます。

長期保存には向かないので作ってから冷蔵庫保管で約1週間ほどで使い切るようにしてください。

>>アルブチンを含むおすすめシミケア【ちゅらゆくる】はこちら

シミにはアルブチンが効くって本当?成分を分析!まとめ

シミ,アルブチン
  • アルブチンには、美白効果だけでなく尿路感染症の予防効果もある。
  • アルブチンには、「aアルブチン」と「bアルブチン」の2種類がある。
  • 使うタイミングによって期待できる効果が違う。
  • 併用できる美容成分で効果倍増。

 

さて、美白効果やシミ対策に効くと言われる「アルブチン」と「ハイドロキノン」について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

一口に「美白効果」と言ってもやはりそれぞれに特徴があります。

紫外線によるシミ対策でも紫外線に当たる前に取り入れることで、シミの発生を抑制してくれたり紫外線を浴びた後の集中ケアで炎症を抑え、活性化した「チロシナーゼ酵素」の働きを抑えてくれる効果も期待できます。

また、単体でも効果があるアルブチンですが他の美容成分と併用することで、更に高い効果が期待できる事も分かりました。

副作用の少ないアルブチンを、生活の中に上手に取り入れ紫外線に負けない理想のお肌を手に入れましょう!

>>アルブチンを含むおすすめシミケア【ちゅらゆくる】はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です