シワの原因は何?悩みを解消するにはどうするの?

ハイドロキノン,手作り

お肌の悩みの中で、「シワ」に関する悩みは多いですよね。

どんなに予防していても、ある日突然目立ってくる「シワ」。

「シワ」には発生メカニズムがあり、その原因によって対処法も違ってきます。

今回は、シワの原因やシワの種類、原因別の対処法や取り入れると良い成分などを、ご紹介していきたいと思います。

ぜひ、日常生活の中に取り入れて、シワ対策に役立ててくださいね!

スポンサーリンク

シワの原因は?

シワ,原因

それではまず、シワが出来る原因や、シワのメカニズムについて、解説していきたいと思います。

シワが発生する原因は、色々ありますが、大きく分けると下記のような原因が考えられます。

加齢とともに起こる肌の弾力の低下

シワの中でも、一番根本的な原因と言えるのが、この加齢による皮膚の老化によって起こる弾力の低下です。

若い頃には、自然に再生されていた皮膚の弾力が、加齢とともに、その働きが低下し、シワの原因となるのです。

加齢とともに起こる肌の乾燥

加齢による皮膚の乾燥も、弾力とともに失われる働きの一つです。

コラーゲンなどの働きが弱り、皮膚の乾燥が進むことで、シワの原因になるのです。

紫外線などのダメージによるお肌の弾力の低下

外的な原因としては、やはり紫外線による肌ダメージが大きいですね。

紫外線によって、日焼けをし、「光老化」という現象が起こることで、シワが目立つようになります。

特に、洋服などで覆われていない部分のシワの大きな原因となります。

加齢とともに起こる女性ホルモンの変化

女性ホルモンは、私たちのお肌の弾力を支えるのに、とても重要な役割を担っています。

女性ホルモンは、20代から30代でピークを迎え、その後、減少すると言われています。

女性ホルモンの減少によって、お肌の新陳代謝に必要な成分が分泌されなくなり、シワの原因に繋がるのです。

どの「シワ」も、元をたどれば原因は「お肌の老化」や「お肌の乾燥ダメージ」によるものです。

加齢とともに、それまでの新陳代謝のサイクルが崩れたり、お肌自体の弾力が低下することによって、「シワ」が発生してきます。

また、お肌のトラブルの原因として、必ず挙がってくるのが「紫外線」によるダメージです。

紫外線を浴びる事によって、「光老化」というお肌の老化が起こり、必要なお肌の弾力が失われていく事で、シワが発生するのです。

シワに種類はあるの?

シワ,原因

「シワ」と一口に言っても、全てが同じシワではありません。

シワにも、いくつか種類があり、大きく分けて主に3種類に分けることが出来ます。

乾燥ジワ

「乾燥ジワ」は、ちりめん状や線状のシワの事で、乾燥によってお肌全体がカサつくことによって出来る「シワ」の事です。

「乾燥ジワ」は、最初は小さい為、油断しがちですが、そのまま放置していると、大きなシワへ繋がるものなので、注意が必要です。

紫外線ジワ

「紫外線」に当たる事で、お肌にハリや潤いを与える働きが低下し、シワとして現れるものです。

表情ジワ

俗に「笑いジワ」とも言われるシワで、笑った時に目尻に、折りたたむような形で発生するシワの事です。

若い頃は、自然にある潤いや弾力で、シワは表面化しませんが、加齢とともにお肌の柔軟性が低くなってくると、「表情ジワ」として現れるのです。

このように、シワにはいくつかの種類があるのです。

普段の何気ない行動が、シワの原因に繋がるのだという事も分かりますね。

スポンサーリンク

シワ対策と生活習慣で気をつけること

シワ,原因

それでは、私たちが普段の日常生活で、シワ対策として出来る事や、生活習慣の中で気をつけるべき事などを、ご紹介していきたいと思います。

乾燥ジワの対策

乾燥ジワの対策として有効なのは、何といっても保湿です。

保湿の効果は、毎日の積み重ねが、とても大切です。

加齢とともに失われた弾力が原因で起こる、乾燥によるシワには、肌の保水力を高める事が最優先です。

特にシワの出来やすい、目元のケアは重点的にやる事をオススメします。

洗顔後の保湿には、たっぷり時間をかけましょう。

紫外線ジワの対策

紫外線は、お肌にとって大敵です。

特に油断しがちなのが、曇っている時の紫外線対策です。

天気が悪い日でも、紫外線が降り注いでいます。

特に、洋服に覆われていない部分の紫外線対策は、曇っている日でも、しっかり行うようにしましょう。

日頃から、UV効果のある日焼け止めクリームや、日傘や帽子などで、紫外線をカット出来る工夫が必要です。

日頃の姿勢を気をつける。

お肌の弾力が失われていくと、私たちのお肌は重力に逆らえなくなってきます。

スマホやパソコンなどを、日頃から見る機会が多い方は、無意識に顔が下を向きがちになります。

下を向いている時間が長ければ長い程、シワが出来やすい状態を作ってしまう事になります。

時々、休憩を挟むなどの工夫をして、シワを予防しましょう。

しっかりとした睡眠をとる

お肌の新陳代謝を、正常に保つには、良質な睡眠が必要です。

しっかり休息することで、必要なホルモンが分泌され、シワの予防に繋がります。

加齢とともに、シワはある程度仕方がない現象とも言えますが、シワは年齢よりも老けて見えることもあり、出来れば目立たないようにしたいですよね。

ここでご紹介した方法を参考に、日頃の生活習慣の中で、気をつけられることから実践していきましょう。

出来てしまったシワに効く有効成分は?

シワ,原因

では最後に、すでに出来てしまった「シワ」に有効な成分について、ご紹介していきたいと思います。

レチノール

シワに効果的な成分として有名なのが、「レチノール」という成分です。

「レチノール」は、培養したヒト表皮角化細胞で、ビタミンAの一種です。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成に深くかかわる成分で、油溶性という特徴があり、美容液やクリームなどに配合されている事が多い成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどは、お肌の弾力を維持するのに必要な成分なので、これらを維持するために、必要な成分である「レチノール」は、シワに対してとても有効な成分と言えます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体も、シワに対して有効な成分です。

その中でも、「脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体」が有効とされていて、「パルミチン酸アスコルビル」や「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)」という名前で配合されています。

コエンザイムQ10やフラーレン

真皮の繊維や紫外線などで出来てしまった「シワ」に対して、有効とされている成分が、「抗酸化作用」のある成分です。

コエンザイムQ10やフラーレンは、抗酸化作用があるとされていて、化粧品にも多く配合されています。

シワの原因は何?悩みを解消するにはどうするの?まとめ

シワ,原因
  • シワは、加齢や乾燥が原因で発生する。
  • シワは、いくつかの種類に分けることが出来る。
  • 生活習慣の改善が、シワ対策には有効。
  • シワに対して有効な、「レチノール」などの有効成分を積極的に摂ることが大切。

さて、シワの発生メカニズムや種類、日常生活で出来るシワ対策などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

シワは加齢によってお肌の働きが弱まることが、一番の原因と言えます。

紫外線対策はもちろんですが、表情ジワ予防に日頃から表情筋を意識してみたり、コエンザイムQ10やレチノールといった、シワに有効な成分を、意識して選ぶことは、日常生活の中にすぐに取り入れられる方法です。

今回ご紹介した方法をうまく取り入れて、シワ対策をしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください