ほうれい線はいつから出来る?気になって来た年齢は?

ほうれい線,いつから

ほうれい線は、顔の印象が年齢よりも老けて見えてしまい、女性にとっては悩みの種です。

自然な老化現象とは言え、出来ればほうれい線が現れるのを、遅らせたいというのが本音ですよね。

そこで今回は、そんなほうれい線の悩みを抱えている方に向けて、ほうれい線がいつ頃から出来るのか、また年齢代別に対処法などを、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ほうれい線は30代から現れ始める?

ほうれい線,いつから

みなさんは、ほうれい線と聞くと、何歳くらいからのお悩みに感じますか?

ほうれい線は、加齢とともに現れてくるものですが、実際にどのくらいから気になり始めるのか、はっきり分からない人も多いと思います。

ほうれい線が現れ始める年齢を知ることが出来れば、その前にしっかり予防することも可能です。

一般的に、加齢とともに出来るほうれい線は、30代から気になりはじめ、40代には本格的にケアが必要なレベルになるようです。

まだ、さほど気にならないレベルの30代の頃に、適切なケアを怠ると、40代になってお肌のたるみやシワが増えてきた時に、まわりから見ても、溝の深さが分かるようになってしまいます。

女性にとって30代は、仕事や育児などで一番外出する機会が多い年代でもあります。

自分のお肌のケアは疎かになりがちで、知らない間にほうれい線の溝が深くなっているのです。

スポンサーリンク

ほうれい線は年代ごとに対処法が違う?

ほうれい線,いつから

さて、ほうれい線は30代で出来始めるという事が分かりましたが、実は年代別でケアの仕方が違うのをご存じですか?

ほうれい線は、年代によって表面化する原因も違いますし、若い頃のスキンケアのままでは、効果が半減してしまう可能性もあります。

ここでは、まだ本格的なほうれい線が出現する前段階の20代から、本格的なほうれい線対策が必要になってくる40代まで、それぞれのほうれい線が出来る原因と対処法と合わせて、解説していきたいと思います。

20代のほうれい線

20代では、まだほうれい線のケアを集中的に行っている人は少ないかもしれません。

しかし、ほうれい線は表面化していないだけで、実はお肌の奥では20代から着々とほうれい線の元が、作られているのです。

まず、20代のほうれい線の原因は、「お肌の乾燥」「表情のクセ」「歯並びの影響」「冷えによるむくみ」「ダイエットによる筋力の低下」などが挙げられます。

そんな20代のほうれい線に対するケア方法は、とにかく保湿です。

本格的なほうれい線になる前段階のため、お肌の基礎を整えるケアが、とても大切です。

また、急激なダイエットも、体の筋力を全体的に低下させてしまう原因になるので、気をつけましょう。

30代のほうれい線

では次に、30代のほうれい線に対するケア方法を、解説していきたいと思います。

30代のほうれい線が出来る主な原因は、「皮膚内のコラーゲンなどの減少」「お肌を支える繊維細胞の老化によるたるみ」などが挙げられます。

30代になって減少するコラーゲンは、紫外線などの影響により劣化して、年齢とともに急激に量が減っていきます。

お肌の土台が劣化することで、皮膚のたるみが出て、ほうれい線へと繋がってしまうのです。

その為、30代のほうれい線に対してのケア方法としては、少しでもコラーゲンなどの減少を食い止め、劣化を防ぐ事が重要になってきます。

お肌にとって必要な成分である、ビタミンCやレチノール、コラーゲンなどに働きかける成分を含んだ美容液で、しっかり土台を整えておくことが重要です。

40代のほうれい線

40代になると、20代30代と違い、皮膚のたるみが本格化してきます。

お肌の機能が、全体的に低下してくる年代ですので、ケアの方法も変わってきます。

40代のほうれい線が出来る主な原因は、「口まわりの筋肉のゆるみ」「肌のハリや弾力の減少」が挙げられます。

40代のほうれい線に対するケア方法は、スキンケアでの美容成分の補給はもちろんですが、それに加え皮膚のたるみそのものに効果的な、エクササイズやマッサージをプラスすると良いでしょう。

ほうれい線が目立ちやすい人とは?

ほうれい線,いつから

年齢とともに現れてくるほうれい線ですが、目立ちやすい人と、目立ちにくい人がいます。

そこで、ここではどのような人が、ほうれい線が目立ちやすいのかを解説していきたいと思います。

うつむきがちな人

そもそもほうれい線は、重力にお肌の筋力が負けてしまって現れるものです。

ですので、普段からうつむき加減で過ごしている事が多い人は、ほうれい線が目立ちやすい人と言えるでしょう。

スマホを見る時に、下を向いて見る癖のある人は、なるべくスマホを顔の正面に持ってきて見るようにするだけでも、違いますよ。

寝ている時に片方ばかり向いている人

若い時は、さほど影響がないように感じる寝ている時の姿勢。

寝ている時の顔の向きは、ほうれい線にとってとても重要です。

片方だけを向いて寝ていると、重みによって皮膚が引っ張られ、お肌のたるみを加速させてしまいます。

理想は、仰向けで寝るようにすることですが、寝づらいという人は、適度に顔の向きを変えると良いでしょう。

食べ物を片方だけで噛む癖のある人

食べ物をかむ時の癖によっても、ほうれい線の目立ちやすい人と、目立ちにくい人では差があります。

いつも、片側ばかりの筋肉を使って食事をしていると、使っていない方の筋力が低下し、ほうれい線が目立ってしまうのです。

このように、ほうれい線が目立ちやすい人というは、顔全体の筋肉を使わず、どちらか片方に偏って使っている人といえます。

ですので、日頃から左右同じように筋肉を使う事で、ほうれい線の目立ちを少なくすることが出来ます。

ほうれい線がこれ以上深くならないようにするエクササイズ方法とは?

ほうれい線,いつから

それでは、ほうれい線の溝を今以上深くさせないために効果的な、エクササイズの方法をご紹介していきたいと思います。

口元の筋肉を鍛えるエクササイズ

  1. 500mlのペットボトルのフタを取り、少量のお水を入れておきます。
  2. くちびるでペットボトルをくわえ、持ち上げます。この時歯は使わないようにしましょう。
  3. そのまま、10秒間保ちます。
  4. この動きを3回ほど繰り返しましょう。

 

ペットボトルの中に入れる水の量を増やすと、負荷が大きくなるので、調節しながら行うと効果的です。

ほうれい線はいつから出来る?気になって来た年齢は?まとめ

ほうれい線,いつから
  • ほうれい線は、年齢によって原因や対処法が違ってくる。
  • ほうれい線が目立ちやすい人は、日頃から顔の筋肉を意識すると良い。
  • ほうれい線には、エクササイズも有効。

 

さて、ほうれい線が気になり始める年齢と、年代別の対処法などを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

ほうれい線は、仕事や育児などで一番忙しい30代で気になり始め、まだ表面化していない20代の頃から、きちんとケアすることで、年齢が上がった時のほうれい線の出方に、差があるという事が分かりました。

年代によってケア方法が違うため、若い頃のスキンケア方法のままでは、ほうれい線に効果的にアプローチすることは、難しくなってきます。

20代30代は、お肌に必要な栄養成分を補給するケアが中心ですが、40代になってくると美容成分に加え、顔の筋肉を鍛えるエクササイズなどを、プラスしていく必要が出てきます。

今回ご紹介したエクササイズ方法は、家にあるペットボトルで簡単に出来ますので、いつものスキンケアにプラスして、ほうれい線対策に役立ててみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です