ほうれい線にかっさは効くの?効果的な使い方は?

ほうれい線,かっさ

みなさんは、かっさをご存じでしょうか?

いま、美容業界で注目されているアイテムで、自宅で簡単にほうれい線などのケアが出来ると言われているものなのです。

かっさは、使用部位によって様々な種類に分かれていて、使われている素材も様々です。

そこで今回は、いま注目のかっさについて、選ぶ時のポイントや使い方などを、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

かっさとは?

ほうれい線,かっさ

美容に良いとされるかっさですが、そもそも、どのようなものなのでしょうか?

かっさは、2500年前から中国の民間療法として親しまれている、かっさ療法が原点と言われています。

現在では、専用の板を使って、美容のため血液の循環を促す目的で使われています。

かっさは、皮膚の表面を擦って刺激することで、毛細血管に圧をかけながら、お肌の中に溜まった毒素を押し出し、経路の流れを良くします。

東洋医学では、古くからデトックス効果が期待できる療法として、重宝されているものなのです。

ほうれい線にはかっさが効果的?

ほうれい線,かっさ

では、かっさがどのようにほうれい線に効果的なのかを、解説していきたいと思います。

たるみを解消する

かっさは、たるみの解消に効果的と言われています。

私たちのお肌は、加齢や表情筋の衰えによってたるんできてしまい、その結果ほうれい線が目立ってきてしまうのです。

かっさは、お肌をマッサージすることによって、余分な水分や老廃物を流し、フェイスラインをすっきりさせ、ほうれい線の原因となるたるみを、解消してくれる効果が期待できるのです。

スキンケアの吸収を良くする

かっさでマッサージをする時に、オススメしたい方法が、スキンケアをしながらのマッサージです。

かっさは、お肌を適度に刺激することで、細胞の働きを促す効果があるので、かっさで、化粧水や乳液などの上を滑らせるようにマッサージすると、美容成分の吸収が良くなるのです。

ほうれい線対策には、スキンケアはとても大切になってきます。

効率よくお肌に、保湿成分を吸収させることが、ほうれい線対策には効果的なのです。

血行が良くなる

ほうれい線は、そのまま放置していると、くぼんでいる場所が、色素沈着を起こす可能性があります。

また、くぼみに影ができ、お顔全体が暗い印象になってしまう原因にもなります。

かっさでマッサージすることによって、血行が良くなり、老廃物が流され循環が良くなることで、お肌のトーンが明るくなる効果が期待できます。

このように、かっさはほうれい線に繋がる、様々な原因に効果的にアプローチ出来るという事が、分かりました。

かっさプレートの選び方は?

ほうれい線,かっさ

かっさには、様々な種類があります。

ここでは、初めてかっさを選ぶ時の、選び方を解説していきたいと思います。

使う用途に合った形状で選ぶ

かっさは、使う部位によって、形状が違ってきます。

顔や額、頬などの広い範囲で使用する場合は、F型と呼ばれる羽型か魚型がオススメです。

大きな丸みが特徴のF型は、顔の凹凸にフィットして、効果的にマッサージが出来ます。

素材で選ぶ

かっさは、使用されている材質の種類も豊富です。

それぞれの素材によって、効果も違ってくるので、目的に合った素材のかっさを選ぶことも大切です。

牛角製のかっさは、天然素材なので自然の温もりがあり、コストパフォーマンスも良いのが特徴です。

陶磁器や天然石のかっさは、とても人気の高い素材の一つで、どちらも、消毒に強い特徴があり、衛生的に使いたい方にはオススメです。

パワーストーンに興味がある方や、陶磁器独特のひんやり感を求める方には、オススメの素材です。

ステンレス製のかっさは、入浴時に使用したい方にオススメの素材で、水に強い特徴があり、錆びにくいので長く愛用することが出来ます。

プラスチック製のかっさは、まずはお試しで使ってみたい方にオススメの素材で、価格もリーズナブルで、負担が無く始められます。

肌触りで選ぶ

かっさは、製造過程や価格で、肌触りに差があります。

お肌に直接つけて使うものなので、出来るだけなめらかで、衛生的に使う事の出来る物を選ぶと良いでしょう。

仕上げが雑なものを使用していると、顔に傷がつく可能性もありますし、美肌のケアにはなりません。

手の大きさに合ったサイズで選ぶ

かっさは、使い用途や部位によって、サイズ感も様々です。

自分の手に、しっくり馴染むかっさはを使う事で、ストレスなくマッサージすることが出来ます。

購入する際は、実際に手に持ってみて、手に馴染むかっさを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

かっさの基本的な使い方は?

ほうれい線,かっさ

それでは、実際にかっさを使う時の使い方を詳しく解説していきたいと思います。

かっさを使ってマッサージをする時は、老廃物を押し出すイメージをしながら行う事が大切です。

まず、すべりを良くするために、顔に乳液やオイルなどを塗っておきます。

そして、顔の中心から外側に向かって、かっさを移動させましょう。

かっさプレートは、基本的には一定の方向で、左右均等に動かしていくようにします。

かっさを使う時の注意点は?

ほうれい線,かっさ

かっさを使ってマッサージする時は、いくつか注意点があります。

ここでは、安全に効果的にかっさを使っていただく為に、注意点を解説していきましょう。

かっさは、硬いプレートを使用するので、強すぎる刺激は、かえってお肌を傷めてしまいます。

かっさを使用すると、かっさ痕と呼ばれる、赤や紫の斑点が出ることがあります。

これは、毒素がたまり、血液の循環が弱っている部分に現れる現象です。

ほうれい線を伸ばそうと、力をついつい入れてしまいがちですが、イタ気持ちいい程度に加減しましょう。

また、妊婦さんや年配の方、血友病などの疾患がある方や、心臓疾患がある方は、注意が必要です。

皮膚病や皮下出血の症状があるかたも、皮膚に負担がかかるので、基本的にはかっさの使用は禁止されています。

そして、健康な方が使用する際も、食後30分以内の使用や体が冷えている時の使用は、オススメできません。

かっさは、とても効果的なアイテムですが、高い効果が期待できる分、使用する際は体調などに配慮する必要があるのです。

ほうれい線にかっさは効くの?効果的な使い方は?まとめ

ほうれい線,かっさ
  • かっさは、2500年前から受け継がれている、中国の民間療法。
  • かっさは、ほうれい線をはじめ、お肌の毒素を排出し血行を促す効果がある。
  • かっさは、素材や使用部位によって使い分けると更に効果的。

 

さて、美容に良いと言われているかっさについて、解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

かっさは、古くから民間療法として親しまれており、ほうれい線をはじめ、お肌の悩みに効果的です。

種類もいろいろあり、パワーストーンで有名な天然石のかっさは、若い女性に人気ですし、入浴時にほうれい線ケアをしたい方には、ステンレス製のかっさが人気があります。

また、使用感もそれぞれ違い、夏場など暑い時にピッタリな、ひんやりとした使用感のある陶磁器のかっさは、夏場など暑い時にピッタリな素材です。

お肌の毒素を押し出し、効果的にほうれい線にアプローチしてくれるかっさですが、効果が高いだけに、使用上の注意点もいくつかありました。

今回ご紹介した、かっさを選ぶ時のポイントや、安全で効果的にほうれい線ケアが出来る方法を守って、加齢と共に現れてくるほうれい線を、しっかり防いでいきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です