熱中症の症状で病院に行くタイミングは?判断基準をご紹介!

熱中症かなと思った時、病院へ行くタイミングって分かりづらいですよね。

まだ大丈夫だろうと放置していると、重症化してしまう可能性もあります。

今回は、熱中症になった時に病院に行く時の判断基準や詳しい症状などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症とは?

熱中症,症状,病院

ではまず、そもそも熱中症とはどのような症状の事を指すのかを解説していきましょう。

熱中症とは、体の中の様々な機能が暑さによって低下して機能不全を起こすことを言います。

私たちの体は本来ならば、体内に溜まった熱を放出するために汗をかいたりして調節しています。

しかし、暑さによって体温を調節するための機能が低下すると熱中症の症状として現れるのです。

スポンサーリンク

熱中症の種類と主な症状は?

熱中症,症状,病院

熱中症の症状は、主に4つの種類に分類されています。

熱けいれん

熱中症,症状,病院

熱けいれんとは、体の中の塩分濃度と水分量のバランスが崩れた時に起こる症状の事を指します。

汗によって大量に水分と塩分が失われた時に、水分だけを補給すると体の中の塩分濃度が下がってしまいます。

塩分濃度だけが極端に低下すると、足や腕・腹部などの筋肉が痛みを伴うけいれんを起こすのです。

熱疲労

熱中症,症状,病院

熱疲労はその名の通り、暑さによって脱力感や倦怠感・頭痛などの症状がでることを指します。

大量に汗をかいて、脱水状態になった時に起こる症状と言われています。

熱失神

熱中症,症状,病院

熱失神は、脳に十分な血液が行かない時に起こる現象を指します。

私たちの体は、炎天下などの暑さが厳しくなると皮膚の血管を拡張させて体温を一定に保とうとします。

しかし、急激な血管の拡張は血圧を低下させ脳血流を減少させる原因になるのです。

熱失神は、長時間暑さの中で立っていたり急に立ち上がることで発症します。

脈が速くなったり顔面が蒼白するなどの予兆があるので、見逃さないように注意することが大切です。

熱射病

熱中症,症状,病院

熱中症の中で、一番危険と言われているのが熱射病です。

厳しい高温環境の中で激しい運動をすると、体の中の熱が皮膚の表面から逃げることが出来なくなります。

その結果、体温が急上昇し脳の中の温度も急激にあがってしまいます。

脳が高温になると、体温の調節中枢に障害が出て異常な体温上昇が発生します。

熱射病の場合は、39℃以上の高熱になり応答が鈍いなどの意識障害が出現するのが特徴です。

全身の臓器機能が低下する症状なので、死亡率がとても高い症状とも言われています。

熱中症の重症度を判断するには?

熱中症,症状,病院

では、熱中症の症状はどのような段階を経て重症化するのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

熱中症の症状は、3段階で重症度を判断できるようになっています。

Ⅰ度(軽症)

Ⅰ度は、熱中症の中では軽度の症状に分類されます。

主に、熱けいれんや熱失神などがここに該当します。

Ⅱ度(中等症)

Ⅱ度は中等症に分類されていて、熱疲労がここに該当しています。

Ⅲ度(重症)

Ⅲ度は熱中症の中では重症に分類されていて、主に意識障害や血液凝固異常などが該当します。

病院に行くべきタイミングとは?

熱中症,症状,病院

様々な段階で分類されている熱中症ですが、どのタイミングで病院に行くべきなのでしょうか。

一般的に、病院での治療が義務付けられているのはⅡ度の中等症からです。

Ⅰ度の場合も病院の受診は可能です。

しかし自力で口から水分補給が出来る場合は、下手に動くよりも安静にしている方が症状の回復が早いケースが多いようです。

Ⅱ度の中等症以降は、原則的に入院による加療が必要となってきます。

関連記事:『熱中症の症状で救急車は呼ぶべき?どんな時が危ないの?』

関連記事:『熱中症の症状で嘔吐がある?気をつけることは何?』

関連記事:『熱中症の症状別の対処法とは?どういう対応が大切?』

関連記事:『熱中症の症状はあとから出る?油断大敵!夏の暑さにご用心!』

病院での熱中症に対する処置は?

熱中症,症状,病院

では、実際に熱中症で病院に行った場合はどのような処置が行われるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

病院では主に体の冷却や点滴での水分補給、電解質の異常の改善などが行われます。

体の外側からの冷却

熱中症,症状,病院

体の外側からの対処法として、氷枕や氷のうを使った冷却が行われます。

また冷水を敷いたブランケットによる冷却、水を浸したガーゼを体に乗せ扇風機での送風での冷却などがあります。

場合によっては、ウォームエアスプレー法という全身に室温水を霧状で吹きかけるという対処法も行います。

体の内側からの冷却

熱中症,症状,病院

重症度が高く自力で水分補給などが難しい場合は、胃管や膀胱カテーテルを用いて血液を直接冷やす方法が用いられます。

冷却した生理食塩水を、管を通して入れたり出したりしながら冷却する方法です。

また最も重症度の高いⅢ度の熱中症では、呼吸管理や透析療法などの集中治療を行う場合もあります。

スポンサーリンク

熱中症が起こりやすい条件と人は?

熱中症,症状,病院

熱中症が起こりやすい場所

熱中症が起こりやすい場所の条件は、高温多湿の環境です。

直射日光が当たる場所に限らず、室内でも風通しが悪く暑さがこもるような環境は危険です。

熱中症になりやすい人の特徴

  • 体温調節機能が弱い、高齢者や幼児や肥満体質の人
  • 風邪などの体調不良の人
  • 高血圧や糖尿病などの持病がある人
  • アルコールを多く飲む習慣のある人

 

このような人は、特に熱中症に注意が必要です。

簡単に作れる脱水予防の美味しい経口補水液はある?

熱中症,症状,病院

経口補水液は、自宅でも簡単に作ることが出来ます。

ここでは、自宅で簡単に作ることのできる経口補水液の作り方をご紹介したいと思います。

また、ジュースを使った経口補水液の作り方もご紹介するので参考にしてみてくださいね!

基本の経口補水液の作り方

熱中症,症状,病院

水1リットル+食塩2g(小さじ半分)+角砂糖を数個

上記の材料をよく混ぜて、すべて溶け切ったら完成です。

トマトジュースを使った経口補水液

熱中症,症状,病院

経口補水液だけだと飲みづらい場合は、トマトジュースを混ぜてみるのもオススメです。

材料

  • トマトジュース(無糖):300ml
  • 水         :700ml
  • 塩         :小さじ1/2
  • 砂糖        :大さじ4と1/2

 

上記の材料を、すべて混ぜ合わせれば完成です。

オレンジジュースを使った経口補水液

熱中症,症状,病院

ビタミンCが豊富な、オレンジジュースを使うのもオススメです。

材料

  • 100%オレンジジュース:コップ1杯
  • 塩         :小さじ3/4
  • 砂糖        :大さじ4
  • 重曹        :小さじ1

 

全体が、合わせて1リットルになるように水を加えれば完成です。      

熱中症になった時の応急処置って?

熱中症,症状,病院

熱中症の症状が出た時の応急処置は、重症度合いによって違ってきます。

熱失神や熱けいれん

熱中症,症状,病院

まず熱失神や熱けいれんが出ているような時は、体を冷やすことが最優先です。

意識がある場合は、様子を見ながら塩分を口に含ませましょう。

口からの摂取が難しく、意識がもうろうとしてきた場合はすぐに医療機関への受診をオススメします。

めまいや立ちくらみ

熱中症,症状,病院

めまいや立ちくらみといった熱中症の初期症状の場合は、水分と塩分をまず補給しましょう。

そのまま暑い場所にいると症状が悪化してしまうので、涼しい場所に移り体を横にして楽な姿勢になります。

体を締め付けているものは、可能な限り外した方が良いですね。

意識障害が出ている場合

熱中症,症状,病院

そして、一番危険度の高い意識障害が出ている場合です。

呼びかけに応じないなどの意識障害が出ている場合は、迷わず救急車を呼びましょう。

救急車が到着するまでの間、体を可能な限り冷やすことが大切です。

日陰を作り、濡れたタオルで身体を拭きながら冷やすことも効果的です。

熱中症の症状で病院に行くタイミングは?判断基準をご紹介!まとめ

熱中症,症状,病院
  • 熱中症は段階的に重症化していく。
  • 熱中症は軽症でも症状が悪化するようなら病院へ行くべき。
  • 意識障害が出ている場合は迷わず病院へ。

 

今回は、熱中症の症状がでている時の病院へ行くタイミングなどを解説してきました。

病院へ行くかの判断基準は、なかなか難しいですよね。

周りから見て明らかに意識障害が出ている場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

軽症の場合でも、水分補給や日陰への移動などの応急処置をしないと症状が悪化してしまいます。

少しでも症状の悪化がある時は、自己判断せず病院への受診をオススメします。

これから更に暑くなるので、熱中症対策を万全にしておきましょう!

関連記事:『熱中症の症状で救急車は呼ぶべき?どんな時が危ないの?』

関連記事:『熱中症の症状で嘔吐がある?気をつけることは何?』

関連記事:『熱中症の症状別の対処法とは?どういう対応が大切?』

関連記事:『熱中症の症状はあとから出る?油断大敵!夏の暑さにご用心!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です