夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!

夏バテ,症状,悪化

夏本番になってくると、夏バテの症状が悪化してしまう人が増えてきます。

夏バテの症状を悪化させないようにする為には、普段の生活習慣がとても大切になってくるのです。

今回は、夏バテの症状を悪化させないために日頃気をつけたい点や改善方法、間違いやすい熱中症との違いなどを調べていきたいと思います。

ぜひ日常生活に取り入れて、夏バテ症状の悪化を防ぎましょう!

スポンサーリンク

夏バテの主な症状や熱中症との違いは?

夏バテ,症状,悪化

夏バテと熱中症は、似ているようですが症状の出方に違いがあります。

夏バテの主な症状

  • 全身のだるさや疲労感
  • 食欲不振
  • やる気が出ない
  • イライラする
  • 下痢や便秘などの胃腸障害

 

夏バテは、このような症状がずっとだらだらと続くのが特徴です。

熱中症の症状

一方、熱中症の症状は発症するスピードが違います。

くらくらしたり倦怠感を感じてから、体調が悪化するまでが急激で進行がとても早いのが特徴です。

熱中症の初期段階は夏バテの症状に似ていますが、夏バテと違い命に関わる事もあるのが熱中症なのです。

夏バテの症状が出ている時は、暑さへの抵抗力が低下しているので熱中症にもなりやすい条件が重なっています。

夏バテと熱中症の違いをきちんと理解しながら、夏バテ対策をする必要があるのです。

スポンサーリンク

夏バテを悪化させてしまう原因とは?

夏バテ,症状,悪化

日常生活で何気なく行っている事が、夏バテの症状を悪化させてしまう原因になっているかもしれません。

ここでは、夏バテ症状の悪化の原因をご紹介したいと思います。

自律神経の乱れ

クーラーのきいた部屋と外との温度差による自律神経の乱れは、夏バテを悪化させる一番の原因です。

また、夜更かしなどで睡眠不足が続くことでも自律神経は乱れてしまいます。

夏バテ対策には、自律神経を整え一日の疲労を回復しておくことが重要なのです。

栄養不足

サッパリしたものや同じものを偏って食べていると、体の中の栄養バランスが崩れます。

特に夏場は、ビタミンとミネラルが汗とともに排出されてしまうので栄養素が不足しやすいのです。

体の冷え

一日クーラーのきいた部屋にいると、体は冷え切った状態になっています。

湯船に浸からずシャワーだけで済ますことが多くなると、冷えた体をしっかり温めることが出来ません。

湯船に入らない事によって交感神経だけが優位になると、胃腸の働きも鈍くさせるので注意が必要なのです。

関連記事:『夏バテにはクーラー病も関係してる?症状はどんなものがあるの?』

関連記事:『夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

夏バテの症状を改善する効果的なツボがある?

夏バテ,症状,悪化

夏バテの症状で一番多いのが食欲不振ですよね。

食欲不振は、疲労回復に必要な栄養素が体の中に吸収されにくくなってしまうため、なるべく早く対処しなければなりません。

そこでオススメなのがツボ押しです。

ツボ押しは古くから東洋医学で活用されている治療法で、夏バテの症状を改善するのに効果的と言われています。

特に自律神経の乱れによって出ている症状に効果的なのが、湧泉(ゆうせん)というツボです。

湧泉(ゆうせん)は、足の裏の人差し指と中指の骨の間に位置しています。

少しくぼんでいる部分を、イタ気持ち良いくらいの強さで押しましょう。

このツボを押すことで、自律神経の働きが高まり疲れを回復するのが早くなるのです。

夏バテ症状の悪化を防ぐにはきのこが良い?

夏バテ,症状,悪化

最近では、夏バテの症状を悪化させない為にきのこの栄養素が注目されています。

夏バテの症状を回復させるには、食べ物に気をつける事がとても重要ですよね。

特に、疲労回復の効果が期待できる栄養素を意識的に摂ることで、夏バテの症状を悪化させずに済むのです。

その、疲労回復効果が期待できる食べ物として注目したいのがきのこです。

きのこには、ビタミンB1カリウムという栄養素が豊富にバランスよく含まれていて、夏バテ症状の回復に効果的にアプローチしてくれるのです。

筋肉に蓄積された、疲労物質である乳酸の代謝を高める働きのあるビタミンB1。

そのビタミンB1の働きを、筋肉の収縮を調整する働きのあるカリウムがサポートすることによって、体のだるさや倦怠感といった症状を緩和してくれるのです。

この疲労回復に必要なビタミンB1とカリウムが、きのこには豊富に含まれている為どちらの栄養素も効率よく摂取することが出来るのです。

夏バテ症状に効くおすすめレシピはある?

夏バテ,症状,悪化

では、夏バテの症状が悪化した時にオススメな「きのことセロリのチンジャオロース」をご紹介したいと思います。

きのこに多く含まれるビタミンB1で、体の中のエネルギー変換を促しスタミナを保ってくれます。

そして、きのことともにカリウムが多く含まれるセロリとの組み合わせで、疲労を解消するレシピになっています。

材料(4人分)

  • エリンギ:100g
  • しめじ :100g
  • 豚肉  :200g
  • 片栗粉 :大さじ2
  • セロリ :2本
  • にんにく(みじん切り):小さじ1
  • サラダ油:大さじ2
  • 揚げ油 :2カップ
  • とろみ用片栗粉:大さじ1強

 

調味料

  • チキンブイヨンスープ:200cc
  • しょうゆ      :大さじ1
  • 日本酒       :大さじ1
  • 塩         :小さじ1/2
  • 砂糖、こしょう   :少々

 

作り方

  1. エリンギは5cmの長さに切り、しめじは石づきを切り1本ずつに分けておきましょう。
  2. 調味料を全て混ぜておきます。
  3. 豚肉とセロリは5cmの長さに切り、豚肉に片栗粉をまぶしておきます。
  4. 揚げ油を熱し、豚肉とセロリをさっと油通しします。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを香りがたつまで炒めます。
  6. にんにくの香りがたったらきのこを加え炒め、調味料を入れます。
  7. 火が通ったら、同量の水で溶いた片栗粉を少しずつ加えとろみをつけます。
  8. しっかり、あんが絡んだら完成です。

 

暑さで食欲が落ちていても、にんにくの香りで食欲を増進させてくれます。

またセロリが入ることで、サッパリ食べることが出来て夏バテ症状の改善にピッタリですよ!

スポンサーリンク

夏バテの症状を悪化させない為に出来る工夫は?

夏バテ,症状,悪化

日常生活の中でも、夏バテ症状を悪化させない為に出来る工夫は色々あります。

ここでは、普段から意識的に行った方が良い夏バテ対策をご紹介したいと思います。

水分補給をこまめにする

夏バテ,症状,悪化

夏バテの症状を悪化させないためには、小まめな水分補給が大切です。

喉が渇いてから摂るというより、時間を決めてちょこちょこ飲むのが良いでしょう。

また、水分とともに体からはミネラルも失われています。

汗を大量にかいた時などは、みそ汁やスポーツ飲料などでミネラルも摂取するように心がけましょう。

栄養バランスの取れた食事を心がける

夏バテ,症状,悪化

夏場はどうしても、さっぱりとしたものを食べたくなりますよね。

しかし、脂肪分のない食事ばかりだとエネルギーに変換するためのビタミンB1が不足して、疲労感や脱力感が強くなり夏バテ症状を悪化させてしまいます。

ビタミンB1が豊富に含まれている、豚肉やうなぎ・レバーなどを意識的に摂るようにしましょう。

また、同時に緑黄色野菜を摂る事も忘れないようにしたいですね。

夏の野菜には、カリウムをはじめとしたミネラルがたくさん含まれています。

たくさんの量を無理して食べる必要はなく、栄養バランスを意識した食事を心がけましょう。

エアコンの温度設定

夏バテ,症状,悪化

室内と室外の温度差が5℃以上になると、私たちの体は適応出来なくなると言われています。

特に、エアコンで涼しくした部屋と猛暑の中を行き来すると自律神経が乱れやすくなります。

なるべくエアコンの温度設定は、外の温度と5℃以内の温度差にするようにしましょう。

また、エアコンの風が直接体に当たらないようにしたり、涼しい部屋にいる時は羽織ものを用意するなどの対策が必要です。

冷たい物の摂り過ぎに注意する

夏バテ,症状,悪化

暑い日が続くと、どうしても冷たい飲み物を多く摂ってしまいがちです。

しかし、体の中から冷やしてしまうと自律神経が乱れたり胃腸を冷やしてしまいます。

一回の食事の中で冷たい物だけに偏らず、みそ汁を追加したり常温のものを間に挟むことが大切です。

冷蔵庫から出して、すぐのものばかりにならないように注意しましょう。

睡眠をしっかりとり、規則正しい生活をする

夏バテ,症状,悪化

疲労を回復させるためには、十分な睡眠が必要です。

出来れば連続して、6時間程度の睡眠をとるのが理想と言われています。

しかし暑さで寝苦しくなると、どうしても眠りが浅くなりがちですよね。

適度にクーラーを使って、快適な睡眠環境を整えるようにしましょう。

また寝る前に、スマートフォンやパソコンを見る習慣も質の良い眠りの妨げになります。

一日の疲れをその日のうちに回復させるためにも、しっかり眠れる環境づくりを意識しましょう。

夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!まとめ

夏バテ,症状,悪化
  • 夏バテと熱中症の違いは発症のスピード。
  • きのこは夏バテを改善する効果的な食材。
  • 夏バテ症状にはツボ押しも効果的。

 

さて今回は、夏バテ症状の悪化を防ぐ方法や改善方法などを調べてみました。

夏バテの症状は、軽く考えて悪化させてしまうと熱中症など命に関わる症状に発展してしまう可能性のあるものです。

夏バテの改善に効果的な、ビタミンB1やカリウムをはじめとする栄養素の補給はとても大切です。

また、何気なくやっている生活習慣も夏バテの悪化を防ぐには意識するべきポイントですね。

気が付いた時に出切るツボ押しやオススメレシピなどを参考に、これからやってくる暑い夏に向けて準備しましょう!

関連記事:『夏バテにはクーラー病も関係してる?症状はどんなものがあるの?』

関連記事:『夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です