夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?

夏バテ,症状,チェック

これから猛暑日が続く時期に突入すると、体に負担がかかりやすくなり夏バテの症状に悩むことが多くなりますね。

ジメっとした高温多湿の状態では、自分が夏バテになる危険性があるのか判断できる方法があると便利だと思いませんか?

そこで今回は、自分でチェックできる夏バテ症状のチェック項目をご紹介していきたいと思います。

原因別の対処法なども解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

夏バテの代表的な症状とは?

夏バテ,症状,チェック

夏バテは、全身にわたって症状が出るのが特徴です。

  • 体がだるい
  • やる気が出ない
  • 食欲がなくなる
  • 下痢、便秘
  • イライラする
  • 体が熱っぽい
  • めまいや立ちくらみ
  • 頭痛
  • むくみ

スポンサーリンク

夏バテ症状になりやすい過ごし方のチェック方法とは?

夏バテ,症状,チェック

夏バテになりやすい生活をしてしまっているか、自分でチェックできる項目があると便利ですよね。

あなたの生活習慣の中に、夏バテの原因が隠れているかをチェックしてみましょう。

それぞれのチェック項目に対して、YES or NOで答えてみてください。

夏バテチェック項目
  • 夏は食事を作るのが面倒になる
  • 同じものばかりを食べてしまいがち
  • 食事は、あっさりしたものが多い
  • 暑いから、火を使わない料理が多い
  • 夏になると食が進まない
  • ジュースや炭酸飲料を1日1リットルほど飲む
  • 食欲が無い時は、スイカやアイスクリームで済ませてしまう
  • スタミナを付けるために、焼き肉やうなぎを良く食べる
  • 日中は暑いので家の中でダラダラと過ごしてしまう
  • 汗をかかないように水分は控えめ
  • 部屋の中はクーラーを常にきかせている
  • 寝苦しくて寝不足気味
  • 夜遅くまでテレビなどを見たりして夜更かし気味だ
  • 昼食は食べない事が多く、夜にガッツリ食べる方だ
  • 仕事帰りにビアガーデンに寄ることが多い

YESの数が0~7個までの場合は、夏バテの危険性は低いと言えるでしょう。

YESの数が8個から増えていくにつれて、夏バテの危険性が高くなります。

疲れが気づかないうちに徐々に溜まり、症状を自覚する前に生活習慣を見直してみると安心ですね。

夏バテの原因には日本の地形も関係している?

夏バテ,症状,チェック

夏バテは、日本の独特な地形が原因という説もあります。

夏バテは、高温多湿の条件が揃うと発症すると言われていて、この条件に日本の地形が大きく関係しているのです。

日本は島国であり、まわりを海に囲まれています。

水蒸気が発生しやすいうえに、国土の3/4は山岳地帯で風通しが悪い地形になっているのが特徴で、高温多湿の状態が生まれ夏バテ症状の原因になりやすいというわけです。

関連記事:『夏バテにはクーラー病も関係してる?症状はどんなものがあるの?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

夏バテの症状を解消する食べ物は?

夏バテ,症状,チェック

夏バテの症状の予防や解消には、栄養バランスと質の良い食事を心がけることが大切です。

ここでは、夏バテの症状に特にオススメの食べ物をチェックしていきましょう。

にんにく

夏バテ,症状,チェック

にんにくには、アリシンというビタミンB1の吸収を助ける働きのある栄養素が含まれています。

ビタミンB1は、炭水化物などをエネルギーに変える時に必要な栄養素です。

このビタミンB1は、汗や尿から排出されやすくストレスによって減少してしまう特徴をもっています。

にんにくに含まれるアリシンは、不足しやすいビタミンB1の吸収を助け効果を持続するための手助けをしてくれるのです。

スタミナ食材として有名なにんにくですが、スタミナの元となるエネルギーの補給を助ける食材でもあるのです。

うなぎ

夏バテ,症状,チェック

土用の丑の日に食べることの多いうなぎは、夏バテの症状に効果がある食材としても有名です。

うなぎには、ビタミンAやビタミンB1・B2が多く含まれています。

たんぱく質や脂質・ミネラルも豊富に含まれていて、暑さでエネルギーを消耗している体にピッタリの食材です。

暑さが最も厳しく、体力の消耗が激しい時期に特に摂っておきたい食材と言えるでしょう。

うなぎにはビタミンCが含まれていないので、野菜や果物と一緒に食べると更に効果的です。

唐辛子などの香辛料

夏バテ,症状,チェック

唐辛子や香辛料には、夏バテ予防に効果的な発汗作用があります。

また、辛い刺激で胃液の分泌を促してくれるので食欲増進効果も期待できます。

夏バテで、食欲が落ちている時にはオススメの食材です。

レモン

夏バテ,症状,チェック

レモンには、エネルギーを作り出すために必要なクエン酸が豊富に含まれています。

私たちの体の中でエネルギーを効率的に作り出すためには、クエン酸回路という回路が活性化している必要があり、疲労回復の為になくてはならない働きなのです。

そのクエン酸回路をスムーズに回復させ、エネルギーを迅速に作り出せるようにするための栄養素がレモンには豊富に含まれているのです。

その他にも、グレープフルーツや梅干しなどにもクエン酸は含まれているので、意識的に摂るようにすると夏バテの症状を防ぐ事が出来ますよ。

夏バテの症状別の対処法とは?

夏バテ,症状,チェック

夏バテは、原因によって症状も違ってきます。

原因の症状に合わせた対処法をすることで、早く症状を落ち着かせることが出来るのです。

ここでは、夏バテの原因別に対処法をご紹介したいと思います。

自律神経が乱れる事による夏バテ

夏バテ,症状,チェック

屋外と屋内の温度差によって、自律神経が乱れる事によって起こる夏バテは一番多いパターンでもあります。

クーラの効いた涼しい部屋にずっといると、もともとの体温調節機能が乱れてしまいます。

その結果、体が冷える事によるだるさや倦怠感などの症状が現れるのです。

このタイプの夏バテは、肩こりや腰痛を伴う事が多いと言われています。

ですので、対処法としては体を冷やさない工夫が最優先なのです。

クーラが効いている部屋では、肌の露出を抑えるように羽織ものやひざ掛けなどで冷えを防ぎましょう。

また、自律神経を正常に保つためには湯船に浸かる事も大切です。

夏場はシャワーで済ませがちになりますが、自覚がなくても体はクーラで冷えています。

体を温め眠りを良くするためにも、ぬるめのお湯に浸かって副交感神経を優位にするように心がけましょう。

冷たい食べ物の摂り過ぎで起こる夏バテ

夏バテ,症状,チェック

猛暑が続くと、どうしても冷たいものを多く摂ってしまいがちです。

冷たい物ばかりを摂っていると、胃腸などの内臓が冷えてしまう原因に繋がります。

胃腸が冷えると、胃もたれや下痢の症状に繋がりますし夏バテに効果的な栄養素の吸収も妨げてしまいます。

冷えた飲食物は極力控えて、温かい物や常温のものを摂るようにしましょう。

体を温めるには、日本人が昔から飲んでいる味噌汁がオススメです。

味噌には、汗で流れてしまいがちな塩分やミネラルが豊富に含まれています。

アサリやシジミの味噌汁なら、肝機能を高めてくれるタウリンも摂取することが出来るので、弱った内臓を回復させるには最適と言えるでしょう。

夏バテ対策でチェックしたいやってはいけないことは?

夏バテ,症状,チェック

夏バテの症状対策では、いくつかチェックしておきたいNG行動があります。

ここでは、夏バテ対策をするうえで注意しておくべきことをご紹介したいと思います。

スポーツ飲料や清涼飲料水

スポーツ飲料には、ミネラルが入っているので夏場に飲む人も多いかと思います。

確かにミネラルや塩分は豊富に含まれていますが、同時に糖分も多く含まれています。

渇き切った体の中に、一度に大量の糖分が入るとだるさを感じやすくなるという可能性があります。

また、疲れやすくなったり頭痛が起きやすくなったりする事も多いのです。

外出先での水分補給にスポーツ飲料を飲む時は、少し水で薄めてから飲むと急激な血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

無理にたくさん食べる

食欲がない時は、胃が弱っている時でもあります。

体力をつけようと無理にたくさん食べようとすると、かえって胃に負担をかけてしまう可能性があります。

無理してたくさん食べるよりも、ビタミンやたんぱく質を意識したメニューを少量摂るほうがしっかりと栄養成分が体に行き渡ります。

ハムやチキンに大根おろしを添えるなど、バランスを意識した食事を心がけましょう。

睡眠中のエアコン

睡眠中は喉が渇くなどの理由から、クーラーを消して寝る人も多いかもしれません。

しかし、高温多湿の状態の部屋での睡眠はとても危険です。

熱中症に発展してしまう危険もあるので、タイマー機能を上手に活用しながらクーラーを使いましょう。

夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?まとめ

夏バテ,症状,チェック
  • 夏バテ症状の危険度チェック項目を上手に活用する。
  • 夏バテの症状は全身にわたって発症する。
  • 夏バテの原因によって対策方法が違う。

 

今回は、夏バテの危険度をチェック出来る方法や対策方法などをご紹介してきました。

夏バテと言っても原因は様々で、それによって対処法も違います。

チェック項目は10個以上あり、無意識にやっていることが夏バテに繋がるという事が実感できるようになっていましたね。

また、夏バテに効果的な食材を積極的に摂ることで、暑さによる体の疲労をスムーズに回復させることが出来る事も分かりました。

夏バテの原因でもある高温多湿は、日本特有の地形によるものも大きいと言われています。

しかし、日本人はその地形に合った食材を摂ることで昔から夏バテを予防してきました。

発酵食品をはじめ、日本独自の伝統食材は夏バテ予防に最適なものが多くあります。

これから更に暑い時期に突入していくので、効果的な食材を体に入れつつNG行動をチェックしながら過ごしていきましょう。

関連記事:『夏バテにはクーラー病も関係してる?症状はどんなものがあるの?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です