夏バテにはクーラー病も関係してる?症状はどんなものがあるの?

夏バテ,クーラー病,症状

だんだん暑くなってきて、夏バテに注意が必要な季節がやってきますね。

夏バテの症状を予防するには、暑さ対策や水分補給などの対策がとても重要です。

また意外と見落としがちな原因として、夏バテに関係するクーラー病というものがあるのをご存じでしょうか?

今回は、夏バテに大きく関係するクーラー病の原因や症状・対策などを詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

夏バテ症状の一因クーラー病とは?

夏バテ,クーラー病,症状

まずは、クーラー病がどのような状態の事を指すのかを説明しましょう。

クーラー病とは、夏の外の暑さとクーラーの効いた室内の低い温度との差に体が適応できない状態の事を指します。

自律神経の機能が正常に保てなくなることで、夏バテのような症状が出る事をクーラー病と呼ぶのです。

スポンサーリンク

クーラー病の原因は?

夏バテ,クーラー病,症状

では、どのような原因でクーラー病の症状は起こってしまうのでしょうか。

クーラー病は、自律神経が正常な働きが出来なくなることが原因で起こる症状です。

室内の温度を冷やしすぎたり温度差の激しい場所を行き来することでも、自律神経は乱れてしまいます。

私たちの体は夏になって気温が高くなると、毛細血管を広げたり汗をかくことで体内の熱を放出しやすい状態にします。

それは涼しい部屋にいても同じで、血管が縮みにくくなっていて必要以上に体が冷えてしまい、夏バテのような症状が現れるのです。

クーラー病は、一般家庭にクーラーが普及した頃から増えたものと言われていて、夏バテに大きく関係していると言われています。

冷房が効いた部屋にずっといることだけではなく、外の暑さとの温度差によって症状が現れるのも特徴なのです。

夏バテに繋がるクーラー病の主な症状は?

夏バテ,クーラー病,症状

夏バテに繋がるクーラー病の主な症状は、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 体のだるさ
  • 疲れやすい
  • 手足の冷え
  • 食欲不振
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 不眠
  • 腰痛
  • 下痢、便秘
  • 生理不順
  • 生理痛

 

クーラー病の症状は、冷えが表面的な症状として出るものばかりではありません。

内臓を冷やしてしまう事で、女性は生理不順になってしまったり生理痛が重くなるというケースもあるのです。

また、クーラー病の原因は冷えによる血行不良なので、体全体がだるくなったり血流が悪くなることで酸素の巡りが滞り頭痛が起きたりします。

関連記事:『夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

クーラー病は男性でもなるの?

夏バテ,クーラー病,症状

クーラーで冷えるというと、なんとなく女性がなるイメージがあるかもしれません。

しかし、最近では男性もクーラー病による症状に悩まされている人が増えているようです。

女性は日頃から冷え対策をしている人が多く、真夏でも長袖を準備していたりしますよね。

しかし男性は、冷えに対する意識が弱いためか、クーラーの効いた部屋にいても何も対策をとっていない場合が多いのです。

それに加え、中高年になると動脈硬化や血管の老化による血行不良が起こりやすくなるため、知らず知らずのうちにクーラー病の症状が悪化してしまうのです。

夏バテ対策としてクーラー病の症状を防ぐ方法は?

夏バテ,クーラー病,症状

夏バテ対策としてクーラー病の症状を防ぐために、日常生活で出来る事をご紹介していきたいと思います。

クーラーの設定温度

クーラー病は、外と中の温度差によって起こる症状なので、まずは温度差を小さくするのが重要です。

自律神経の機能によって私たちが体温調節をスムーズに出来るのは、温度差5℃以内と言われています。

例えば外の気温が30℃だったとしたら、室内は25℃前後までなら自律神経に影響が出ない温度差という事になります。

真夏になってずっとクーラーの効いた部屋にいると、外との温度差を感じにくくなってしまうので、小まめに温度を調節するようにしましょう。

服装

夏場は、ほとんどの人が半そでを着ていると思いますが、クーラーの効いた部屋では肌の露出が多い服装はオススメ出来ません。

職場などで自分でクーラーの温度調節が難しい場合は、上に羽織れるものを用意しておくと良いですね。

ひざ掛け・カーディガン・厚手の靴下などがあると便利です。

また血行不良を防ぐために、締め付けの弱い服装にするのもオススメです。

規則正しい生活をする

睡眠不足は、自律神経の働きに大きな負担がかかります。

クーラー病や夏バテの症状を防ぐには、しっかり睡眠をとり疲れを残さない事が大切です。

また、暴飲暴食も気をつけたい習慣です。

冷たい物を大量に摂ったり栄養バランスを意識しない食生活は、夏バテやクーラー病を誘発してしまいます。

湯船につかる

夏は、汗が止まらなくなるという理由でシャワーだけで済ませる人も多いかもしれません。

しかし、クーラー病の症状を防ぎ自律神経を正常に保つためには、交感神経や副交感神経の切り替えや全身の血行を促すことが大切です。

きちんと湯船につかることで冷えすぎた体を温め、一日の疲れを取るとともに自律神経の乱れも整える事が出来ます。

夏バテに繋がらないようにするには、一日の疲れをしっかり取ることも大切なのです。

適度な運動

クーラー病の原因である冷えは、体の中の筋肉不足が影響している事があります。

適度な運動は、熱を作り出す筋肉をつけることができ全身の血流を改善する効果が期待できます。

激しい運動をする必要はなく、軽いウォーキングなどで大丈夫です。

筋肉をしっかり付けて、クーラー病の原因である冷えを防ぎましょう。

クーラー病に効果的なストレッチ方法はある?

夏バテ,クーラー病,症状

夏バテやクーラー病の症状は、ふくらはぎを刺激することでも防ぐ事が出来ます。

ふくらはぎは、足元の血流を心臓に戻すために必要な働きをする場所なので、ふくらはぎの筋肉を日頃から刺激しておくことはクーラー病の予防に効果的なのです。

ふくらはぎのストレッチ方法

  1. まず最初に、足がつるのを防ぐために、アキレス腱を伸ばします。
  2. 片足を後ろに引いて、前に出ている方のひざに両手を当て、ゆっくり体重をかけていきます。
  3. 足を肩幅に開いて、手を後ろに組みます。
  4. 胸を張りながらつま先立ちをして、かかとが地面につかないようにしながら、1~2秒ごとに上げ下ろしをします。

 

このストレッチを、10回~15回を1セットとして3セット繰り返します。

大切なのは継続する事ですので、無理のない回数で毎日行いましょう。

クーラー病による冷え症状を防ぐオススメ食材は?

夏バテ,クーラー病,症状

クーラー病を防ぐには、体を温める作用のある食材を意識的に摂る事が大切です。

体を温める作用のある食材の代表的なものが、ショウガです。

ショウガは、血管の健康を保ち胃腸の働きを整える効果もあり、夏バテやクーラー病の症状に効果があるのです。

すりおろしたショウガを薬味として利用したり、ショウガ紅茶などで飲むのもオススメですよ!

ショウガの他にも、体を温める作用のある食材はあります。

  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • にら
  • シソ
  • ニンニク
  • アジ
  • サバ
  • シナモン
  • 唐辛子

 

このような食材は、体を温める作用があるので少しずつ食生活に取り入れてみてくださいね。

夏バテにはクーラー病も関係している?症状はどのようなものがあるの?まとめ

夏バテ,クーラー病,症状
  • 夏バテやクーラー病の原因は体の冷えによるもの。
  • 筋肉をつけることで体の熱を発生させやすくなる。
  • ふくらはぎを刺激することで、全身の血流を保つ効果が期待できる。
  • クーラー病は女性だけでなく男性も注意が必要。

 

夏バテに繋がるクーラー病の原因や対処法などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

毎年最高気温が高くなる夏場は、クーラーなしで過ごす事は難しいですよね。

ついつい薄着のまま涼しい部屋にいてしまいがちですが、クーラー病を予防するには冷え対策を怠ってはいけません。

日頃から体温調節機能を正常に保ち、血流を促すためのストレッチを意識して行う事でクーラー病は予防できます。

また、体を温める働きのある食材を摂るようにして、体全体の熱を上げやすくしておくことも大切です。

私たちの体は、筋肉によって熱を発生させ体温調節を行います。

クーラーを使う時期は特に、ポンプの役割を担うふくらはぎのストレッチをはじめ、自律神経や血流維持を意識して過ごしましょう。

関連記事:『夏バテの症状をチェック!当てはまったら危険信号?』

関連記事:『夏バテの症状はいつまで続く?早めに回復するためには?』

関連記事:『夏バテの症状が悪化したと思ったら?改善方法をご紹介!』

関連記事:『夏バテの症状は食欲不振が代表?他にはどんなものがあるの?』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です