ファーベストはいつまで着られる?オススメの時期を知っておこう!

ファー,ベスト,いつまで

秋から冬にかけて、欠かせないおしゃれアイテムとして人気の高いファーベスト。

ふわっとした印象からスキッとした印象まで、コーデによって様々な雰囲気を出す事が出来るのもファーベストの特徴です。

色々着まわす事が出来て便利ですが、実際にいつからいつまで着られるのか気になりますよね。

そこで今回は、おしゃれアイテムで人気のファーベストの着られる期間やコーデ術などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファーベストの特徴って?

ファー,ベスト,いつまで

ファーベストは、着る事でもこもことした柔らかい印象を作ることが出来ます。

また、一枚だけだとちょっと寂しいという時にも、ファーベストを1枚重ねるだけでコーデの幅が広がります。

もこもこしているけど、暑苦しくならないというのがファーベストの特徴と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ファーベストを着るのはいつからいつまで?

ファー,ベスト,いつまで

ファーベストは、夏の暑さが落ち着いてくる10月頃からが出番が多くなります

昼間と夜の気温差が出てくると、ファーベストが活躍してくれますね。

そして、本格的な寒さがやってくる12月くらいまでファーベストのコーデを楽しむことが出来ます。

意外と出番が身近く感じるファーベストですが、コーデ次第では冬直前まで着まわす事が出来ますよ!

ファーベストを着る時期ごとのコーデポイントってある?

ファー,ベスト,いつまで

ファーベストは、着る時期によってコーデのポイントがあります。

ここでは、ファーベストの出番が来る10月~12月それぞれの季節に合わせたコーデのポイントを解説していきたいと思います。

10月のコーデポイント

ファー,ベスト,いつまで

10月のコーデポイントは、ロンTやブラウスの上から羽織る重ね着コーデです。

10月は、日中はまだまだ暑い日もありますが夜は冷えるという、昼と夜の気温差が激しい時期でもあります。

秋口なので、薄手のブラウスやロンTなどでコーデを楽しむ人もいるでしょう。

しかし、ブラウスやロンT1枚だけだと肌寒いですよね。

そこで活躍するのが、ファーベストです。

ブラウスやロンTの上に、一枚ファーベストを羽織ることで温度調節をしながらおしゃれに重ね着コーデが楽しめます。

暑くなったらすぐ脱ぐ事も出来るし、寒暖差の激しい10月の気候にはピッタリですよ!

11月のコーデポイント

ファー,ベスト,いつまで

11月のコーデポイントは、ニットの上から重ね着コーデです。

11月は、寒暖差がなくなり気温が下がってきます。

日中でも寒い日が多くなるこの時期は、厚手のニットの上にファーベストを重ね着するコーデがオススメです。

タートルネックのニットと合わせることで、バランスが良くなり暖かく過ごす事が出来ますよ!

また、ニットワンピースに重ね着すると更におしゃれ度が上がります。

フェミニンなファーベストを合わせることで、おしゃれのアクセントにもなるのでオススメです。

12月のコーデポイント

ファー,ベスト,いつまで

12月のコーデポイントは、ジャケットの上からファーベストを重ね着するコーデです。

寒さが本格的になってきて、だんだんとファーベストの出番が少なくなってくる時期ですよね。

冬本番になる前のコーデポイントとして、アウターの上から重ね着するテクニックを活用しましょう。

特にファーベストは、デニムとの相性がとてもいい事で知られています。

デニムジャケットの上からファーベストを重ね着することで、コーデがバシッと決まりますよ!

また、冬の定番アウターとして人気のライダースジャケットとも相性が良いです。

レザーとファーベストで、辛めのコーデを楽しむのも良いのではないでしょうか。

関連記事:『プードルファーでベストの作り方は?ハンドメイド初心者でも失敗しないコツとは』

ファーベストのおしゃれなコーデ術は?

ファー,ベスト,いつまで

それでは、ファーベストの色別のコーデ術をご紹介したいと思います。

黒のファーベストと白シャツ

黒のファーベストは、ボリューム感があるので白シャツなどと合わせるのがオススメです。

白シャツがスッキリ見える色なので、黒のファーベストと合わせると全身がスッキリした印象になりますよ!

グレーのファーベストとデニム

グレーのファーベストは、上品な印象を与えられるアイテムです。

そこに合わせるなら、白いTシャツやデニムなど無地の物がオススメですよ!

大人っぽい落ち着いた印象にしたい時にはピッタリです。

白のファーベストとスキニーや黒のトップス

白のファーベストは、ふんわりとしたかわいらしさを演出するのにオススメの色です。

そこへ、黒いトップスやスキニーを合わせることで、シックな雰囲気を出す事が出来ます。

可愛さとシックさを演出したい時のコーデとして、活用してみてくださいね!

スポンサーリンク

ファーベストのお手入れ方法は?

ファー,ベスト,いつまで

それでは最後に、ファーベストを長く愛用するためのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

基本的なお手入れ方法

ファー,ベスト,いつまで
  1. ドライヤーを当てながら、毛並みの沿って優しくブラッシングします。
  2. 近づけすぎると毛が縮んでしまうので、毛をなびかせるように当てながらブラッシングします。
  3. 毛の流れが均等になって落ち着いたら、ドライヤーを止めてブラシで仕上げをします。
  4. 最後に、ファーの毛全体に空気が入るように仕上げたら完了です。

毛グセがついてしまった時のお手入れ方法

ファー,ベスト,いつまで

ファーベストに、毛グセがついてしまった時のお手入れ方法をご紹介しましょう。

ファーベストは、畳んだ状態や窮屈な状態で保管していると毛グセがつきやすい性質があるのでしっかりメンテナンスをするようにしましょう。

  1. タオルで毛先の先端を軽く濡らすか、霧吹きなどで湿らせます。
  2. 金グシなどでファーの毛並みを整えます。
  3. 直射日光の当たらない日陰で干し、自然乾燥させましょう。

 

保管方法や注意点

ファー,ベスト,いつまで

ファーベストを、長期保管する時の注意点をご紹介したいと思います。

ファーベストのシーズンが終わったら、来年またおしゃれを楽しむためにしっかりファーベストに合った方法で保管しましょう。

ファーベストの保管方法
  • ファーベストは、熱に非常に弱い性質があるので注意しましょう。
  • ストーブの近くや、タバコの火やライターには近づけないようにしましょう。
  • 水分に弱い性質もあるので、濡れた時は素早く水分を拭き取る事が大切です。
  • 光に弱いので、日光や蛍光灯の光が長時間当たる場所は避けましょう。
  • ホコリはファーを傷めてしまうので、通気性の良いカバーをかけて保管しましょう。
  • ファーの保管に適温とされている、温度10℃以下で湿度約50%の環境で保管するようにしましょう。
  • 除湿剤などは化学変化が起きシミの原因になるので、なるべく使用しないようにしましょう。
  • 窮屈な場所での保管は毛並みが押しつぶされてしまうので、ゆったりとしたスペースを確保しましょう。
  • 細身のハンガーは型崩れの原因になるので、必ず厚みのあるしっかりとしたハンガーを使うようにしましょう。

ファーベストはいつまで着られる?オススメの時期を知っておこう!まとめ

ファー,ベスト,いつまで
  • ファーベストは、10月頃~12月頃までは着る時期として最適。
  • 季節によって重ね着のタイプを分けることで、おしゃれに着こなす事が出来る。
  • ファーベストのお手入れは、湿気に注意すると長持ちする。
  • ファーベストは、通気性の良い環境で保管することが大切。

 

さて今回は、おしゃれなワンポイントアイテムとして人気の高いファーベストについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ファーベストは重ね着をする素材を変えることで、印象をガラッと変える事が出来るのでとても便利なアイテムです。

また、季節の変わり目の気温の変化にもおしゃれを楽しみつつ調節できるのも特徴です。

湿気や熱に弱い性質があるので、長期保管する時に気をつける事で長く愛用することが出来ます。

これからの季節、ファーベストの出番が増えてくるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事:『プードルファーでベストの作り方は?ハンドメイド初心者でも失敗しないコツとは』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください