松木達哉の謹慎期間は?アクタージュの舞台化はどうなる?強制わいせつ容疑で逮捕

松木達哉,謹慎期間,アクタージュ,舞台化,どうなる,強制わいせつ容疑で逮捕

「週刊少年ジャンプ」の人気漫画『アクタージュ act―age』の原作者の松木達哉が強制わいせつ罪で逮捕されたという衝撃的なニュースが飛び込んできました。

「アクタージュ act―age」は舞台化も決まっていたほどの人気漫画ですが、この映画化や舞台化はどうなってしまうのでしょうか?

松木達哉の謹慎期間や舞台化がどうなってしまうのかをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

松木達哉原作の「アクタージュ act―age」とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ももいろ信玄公(@momokotoha)がシェアした投稿

『アクタージュ act-age』は、今回逮捕された『マツキタツヤ』が原作で宇佐崎しろが漫画を書いている『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画です。

天才的な演技の才能を秘めた主人公・夜凪景が女優として成長する姿を描く物語。

少年漫画としては珍しい「役者」という題材を扱っています。

映画・演劇界から評価が高いものになっているようです。

2022年に舞台化の予定でした。

 

松木達哉逮捕のニュースとは?

『アクタージュ act―age』で原作者を務める松木達哉容疑者は、東京都の中野区の路上で女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁中野署に強制わいせつ容疑で逮捕されました。

松木達哉容疑者は容疑を認めているようです。

松木達哉容疑者は6月18日午後8時ごろ、中野区の路上で歩いて帰宅途中の女子中学生に後ろから自転車で近づいて追い抜きざまに胸を触ったようです。

防犯カメラの映像から特定されたようです。

さらに同じ日の午後9時ごろにも別の女子中学生が被害に遭っているので、警視庁は関連性を調べているようですね。

松木達哉の謹慎期間は?

法律上は

『13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役』

となっていますが、謹慎期間となるとどうなんでしょうか?

流石に何年にもなる可能性は低そうですが、同じような被害に遭っている別の女子中学生との関連性が認められたら長引きそうではないですか?

どうなんでしょうか?

過去に似たような例で逮捕された人の謹慎期間は半年から2年のようですし、同じくらいの謹慎期間になりそうな予感です。

少なくとも半年は謹慎期間を設けて欲しいですよね。

しっかりと反省していただきたいものです。

スポンサーリンク

アクタージュの舞台化はどうなる?

2022年に決定していた舞台化。

現在は1次審査が終わった段階だそうです。

2022年なのでまだまだ先の話ですが、舞台化はどうなるのでしょうか?

余罪があるかないかでも変わってきそうですが、こちらも中止になる可能性も高いかと思います。

本当になんてことをしてくれたんでしょうね…。

松木達哉の謹慎期間は?アクタージュの映画化や舞台化はどうなる?強制わいせつ容疑で逮捕まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆーちゃん(@yu_chan081400)がシェアした投稿

  • 『アクタージュ act-age』原作者の松木達哉が強制わいせつ罪で逮捕
  • 松木達哉の謹慎期間は不明だが、過去に似たような例で逮捕された人の謹慎期間は半年から2年
  • 松木達哉の『アクタージュ act-age』の舞台化は余罪にもよるが、中止になる可能性が高そう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です